早稲田キャンパス新3号館が竣工 旧3号館の外観を再現し伝統を未来へつなぐ新校舎へ

旧3号館の景観継承を意識し、外観を再現した新3号館が9月18日、竣工しました。地下2階、地上14階、高さ67.84mの新校舎は、正門から向かって右側、大隈銅像と大隈講堂の間に位置しています。

新3号館
新3号館

1933(昭和8)年の竣工から増築を繰り返し、早稲田キャンパスの象徴となってきた旧3号館は、主に政治経済学部の校舎として多くの校友を送り出してきました。今回、新3号館を建築するにあたり、旧館南側部のエントランス部分を再現し、鉄製扉を再利用するなど、かつての情景を未来へつなげる建物を目指しました。旧館を再現した棟と先進的な空間と機能を兼ね備えた高層棟を組み合わせた新3号館の1階ホールは、懐かしの中庭を彷彿とさせるデザインで、新しさと歴史を兼ね備えた新校舎となっています。

旧3号館中庭の雰囲気をもつエントランス
旧3号館中庭の雰囲気をもつエントランス
エントランスロビー
エントランスロビー

2つの棟がある特殊な構造の建物であるため、今回の建築は伝統技術への挑戦でした。建築の新旧技術がふんだんに盛り込まれており、 旧校舎の瓦を職人が一枚一枚洗い直す一方で、高い耐震性能を備えた建物構造、太陽の光や熱を利用した環境への負荷を抑える発電・空調システムを実現しています。

旧3号館の塩焼瓦を建物内に再現
旧3号館の塩焼瓦を建物内に再現
再現棟教室前廊下
再現棟教室前廊下

また、それぞれの棟の雰囲気を基調に教室もデザインしています。

再現棟教室
再現棟教室
高層棟教室
高層棟教室
高層棟教室
高層棟教室

 

竣工式で鎌田薫総長は「グローバル人材育成を実現する次世代教育空間として展開していきたい」と挨拶しました。

除幕式
除幕式

また、当日は政治経済学部創設130周年記念グローバル・リーダー養成ファンド寄付者銘板の除幕式も行われ、100名以上の寄付者の方々にお集まりいただき、新校舎も見学いただきました。8月31日現在の寄付状況は申込件数が1,330件、寄付金は251,184,972円となっています。

リンク

政治経済学術院

旧3号館アルバム

政経130周年記念グローバル・リーダー養成ファンド

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(http://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる