Notice大切なお知らせ

所属箇所:入学センター(国際アドミッションズ・オフィス)L・Iさん
入職年次:2008年入職(既卒採用)

担当業務の紹介

私の所属する入学センター国際アドミッションズ・オフィスは、留学生を単に受け入れることにとどまらず、より積極的に獲得していこうという趣旨のもと、2009年6月に組織されました。海外における学生募集活動と外国学生・帰国生を対象とした入試業務が仕事の二本柱です。

本学では3,000人余りの留学生が学んでいますが、留学生受入人数を8,000人まで増やそうという計画があり、これを達成するためにも、海外から多くの優秀な学生に入学していただきたいと考えています。日本では「私学の雄」と言われる本学も、海外においては必ずしも誰もが知る大学ではありません。
そのような方々に対し、国際アドミッションズ・オフィスの職員は、本学、ひいては日本で学ぶことの魅力を伝える役割を担っています。直接海外に出向いて説明を行う機会もあり、その内容は入試や教育内容についてのみならず、寮や奨学金、キャリア支援といった学生生活全般に及びます。その説明が本学のイメージを左右することもありうるという緊張感や責任感を持ちつつ対応しています。本学の学部や大学院は、既にそれぞれの個性をいかして独自の学生募集や入試を行っていますが、今後海外に向けてわかりやすく情報発信をしていくためにも「オール早稲田」で臨んでいくことが求められており、国際アドミッションズ・オフィスでは、その体制作りを目指しています。

また、入試要項作成から願書チェック、受験票発送といった外国学生のための入試の実施業務にも携わっています。公正さや正確さのみならず、出願期間から入試実施日までの限られた時間内に滞りなく業務を進めるための効率性も常に念頭に置きながら仕事をしています。

早稲田大学職員を目指す皆さんへ

日々仕事をしながら、「WASEDA」というブランドに助けられることも、それがプレッシャーになることもありますが、それだけ本学にはやりがいのある仕事があります。既卒採用と新卒採用や国籍の垣根もなく、意欲があれば力を発揮できる環境が整っています。
大学という場は、社会と密接な関わりがあるだけでなく、世界に開かれた発信拠点でもあります。これまでやってきたことやこれからやってみたいことと大学の接点を見つけ、是非それを業務として本学で発展させ、発信してください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる