Notice大切なお知らせ

所属箇所:研究企画課I・Tさん
入職年次:2008年入職(既卒採用)

担当業務の紹介

早稲田大学は、多くの学生を抱える教育機関であるとともに、多くの研究者を抱える研究機関、学校を運営する学校法人でもあります。研究企画課は、そのなかでも研究機関としての早稲田大学を統括する機能を持つ部署です。
具体的な業務としては、外部からの研究費獲得・執行に関する支援や研究環境の整備など研究者がより研究しやすい場の提供を行う一方で、研究費が適切に取り扱われるよう規程やルールを作り厳しくチェックを行うなど、客観的な視点を持ち業務に取組むことも求められます。また、研究費を取り扱うことから経理的業務も発生し、研究に関する幅広い専門知識が身につく部署です。
毎日毎日、同じ業務が一切ない忙しい部署ですが、自分を成長させることができる場だと信じて日々担当業務に取り組んでいます。

早稲田大学職員を目指す皆さんへ

大学職員の仕事は入職前に想像していたよりも多岐に渡り、部署が違うだけで全く違う会社に来たような錯覚を覚えるほどです。また大学という職場は、職員だけでなく、学生や教員、企業の方々など様々な立場の人が集まっており、そこから何かが創造される場でもあります。そんな環境だからこそ、日々の仕事のなかでこんなことがやってみたい、あんなことがしたい、という様々な希望やチャレンジに応えられるだけの懐の広さがあるのだと感じます。

職を考えるとき、私はよく「自分の前には数えられないくらいの糸がぶら下がっていて、その糸の数だけ自分には将来の選択肢がある。でも選べるのは1本の糸だけ」というようなことを想像していました。クジ引きのように大当たりがあったり、スカがあったりする訳ではなく、糸ひき飴のようにどの糸を選んでもそれぞれ違う味の飴がくっついています。

私が早稲田大学という糸を引っ張ったのは、「自分がなぜここにいるのか」という問いに対するブレない答えを早稲田大学のなかに見つけることができたからです。何かに迷って、つかまるものが欲しくなったときには、そこに立ち返るようにしています。何にだってなれる選択肢を持っているなか、意思があって早稲田大学の職員を目指す、と決めた皆さんと、同じ場所で同じ時間を共有できることを楽しみにしています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる