Notice大切なお知らせ

大学拠点接種における残余ワクチン廃棄について

2021年10月1日

大学拠点接種における残余ワクチン廃棄について

*English version follows Japanese

早稲田大学新型コロナウイルス感染症対策本部

 早稲田大学の新型コロナウイルスワクチン大学拠点接種は、8月31日をもって完了し、接種に使用しなかった残余ワクチンについては、国への返却を行うまで冷凍庫で保管しておりましたが、保管期間の温度記録が一部取得できていなかったことが判明したことから、厚生労働省のご指示により39バイアル(390人分)の武田/モデルナ社ワクチンの廃棄が発生しましたのでご報告いたします。なお、本件については、厚生労働省および文部科学省に対して報告を行っております。

 国からワクチン大学拠点接種のためにご提供いただきました貴重なワクチンを廃棄することになりましたことを心よりお詫び申し上げます。

以上

Disposal of Unused Vaccines from University Covid-19 Vaccination Program

October 1, 2021
Secretariat of Novel Coronavirus Response HQ

 To all students, faculty, and staff,

Waseda University would like to make an official statement and apology for having to dispose 39 piles of unused Moderna vaccines (i.e. Moderna vaccines for 390 people).

The Covid-19 Vaccination Program on campus officially ended on August 31, and all unused vaccines had to be kept in a freezer and have their temperature record taken for a specified period before returning them to the government. However, the University was unable to obtain the temperature record for a certain batch of vaccines. As a result, the University received specific instructions from the Ministry of Health, Labour and Welfare to dispose these 39 piles of unused vaccines. This incident has been reported to both the Ministry of Health, Labour and Welfare and the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.

The University sincerely apologize for having to dispose these valuable vaccines and will step up its efforts in take additional preventative measures in the future.

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる