Notice大切なお知らせ

大学拠点接種におけるワクチン廃棄事案について

2021年8月5日

大学拠点接種におけるワクチン廃棄事案について

早稲田大学新型コロナウイルス感染症対策本部

早稲田大学では、学生、教職員、キャンパスで働く方等を対象とした新型コロナワクチン大学拠点接種を7月5日より開始しておりますが、今般、7月27日の接種におきまして、2バイアル(20回分)の武田/モデルナ社ワクチンの廃棄が発生したため、厚生労働省に対して報告を行いました。

本件は、ワクチンを保管していた冷蔵庫の管理温度が上昇したことが理由となりますが、今後は、基準により定められた温度管理を徹底するなどワクチンの適切な管理を行い、ワクチン廃棄が生じないよう再発防止策を徹底した上で、大学拠点接種を適切に実施して参ります。

以上

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる