Notice大切なお知らせ

2021年度授業実施方針について

2021年度授業実施方針について

 学生 各位
*English version follows Japanese

新型コロナウイルス感染症の状況を慎重に見極めながら、十分な感染対策を実施したうえで、全学的に対面授業を拡大し、2021年度以降、対面授業が7割となることを目指して準備しています。

それぞれの授業は、カリキュラム上の必要性や授業の規模などに応じて、対面、オンライン、対面とオンラインの組み合わせのいずれかで実施されますが、対面授業を履修する学生は大学に登校することを
基本とします。

科目ごとの具体的な授業実施方法については、3月初旬を目途に各学部・研究科から案内します。
なお、感染拡大状況などが著しく悪化した場合は、オンライン中心としていくことも検討します。

以 上

Course Delivery Plan for AY2021

Dear Students,

While carefully assessing the situation of the novel coronavirus disease (COVID-19) and practicing thorough prevention measures, Waseda University is increasing the number of in-person classes and
is preparing to reach the goal of holding 70% of all its classes in-person as of the Academic Year 2021.

Depending on the curriculum requirements, class size, etc., classes will be offered either in-person, online, or a combination of both, but in general, students will be expected to come to campus
if they are taking in-person classes.

Each undergraduate/graduate school will inform students about the details on how the classes per subject will be delivered around the beginning of March.
If the COVID-19 situation worsens, we will consider holding classes mainly online.

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる