Notice大切なお知らせ

東京医科歯科大学と連携協定を締結 次世代グローバルリーダーの育成をともに

東京医科歯科大学(学長:大山喬史)と早稲田大学(総長:鎌田薫)は、教育・研究領域における相互の学術交流を通じて、教育・研究のレベルを一層高めるとともに、グローバルな視点から相互に教育・研究活動等を行うために、広範な連携に向けた協定を締結することとなり、7月18日、調印式を執り行いました。

調印を終え握手する大山学長と鎌田総長

調印を終え握手する大山学長と鎌田総長

本協定の締結は、両大学がともに文部科学省の平成24年度「グローバル人材育成推進事業」に採択されたことが契機となりました。医療系教育機関である東京医科歯科大学と総合大学である早稲田大学が、教育・研究・学生交流において連携することで、複雑化する国際的問題に対して、その問題をとりまく様々な背景因子を理解し、広い視野で多角的に問題をとらえ、国境・文化の違いを超えて、相互理解・尊重のもとに、グローバルな舞台で中心的役割を果たす次世代グローバルリーダーを育成する一助となるものです。

本学では、昨年発表した中長期計画「Waseda Vision 150」においてもグローバルリーダーの育成を重点施策と位置付けており、世界有数の研究大学である東京医科歯科大学との連携には大きな期待を寄せています。

連携の内容としては、グローバル人材育成に関するシンポジウムの開催や、学生イベントの共催・相互参加などの学生交流、ワークショップ・単位互換・共同授業などの教育連携を予定しており、今後、両大学で具体的化に向けて検討を開始します。さらに研究面では、医理工連携はもとより、東京医科歯科大学の歯学系教員と本学の工学系・スポーツ科学系教員との連携の可能性も検討していく予定です。

なお当日は、調印式に引き続き、連携事業の第一弾としてグローバル人材シンポジウム「学生目線でグローバル人材育成を考える」が小野記念講堂で行われました。

左から、田中雄二郎東医歯大教授(ファシリテーター)、福原正大氏、越野沙織さん(東医歯大医学部)、山本歩依さん(本学国際教養学部)、瀬尾碩さん(筑波大付属駒場高校)、髙田和生東医歯大グローバルキャリア支援室長、大野髙裕本学教務部長

左から、田中雄二郎東医歯大教授(ファシリテーター)、福原正大氏、越野沙織さん(東医歯大医学部)、山本歩依さん(本学国際教養学部)、瀬尾碩さん(筑波大付属駒場高校)、髙田和生東医歯大グローバルキャリア支援室長、大野髙裕本学教務部長

シンポジウムでは先ず、大山学長、鎌田総長が、それぞれの大学が育成すべきグローバル人材に関して基調講演。続いて、福原正大 Institution for a Global Society社長はじめ、両大学学生および高校生の代表が、各自の経験等を交えてグローバル人材とは、またその育成はどうあるべきかについて講演した後、これを踏まえてのパネルディカッションが行われました。バネルディスカッションでは、グローバル人材の育成モデルや両大学で展開する人材育成教育が主なテーマとなり、参加学生から鎌田総長の考えるグローバル人材像への質問が出されたり、東医歯大の須田理事が会場から発言するなど、活発な議論が行われました。

 

東京医科歯科大学

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる