Notice大切なお知らせ

ロンドン五輪「銅」の星奈津美選手、鎌田総長に報告 「4年後は金メダルを。銅に満足せず頑張りたい」

メダルを手に微笑む星選手

メダルを手に微笑む星選手

早稲田大学の現役女子学生として史上初の五輪メダリストとなった星奈津美選手(水泳部・スポーツ科学部4年)が9月12日、早稲田キャンパスの大隈会館で鎌田薫総長にロンドンオリンピックでの活躍を報告しました。

競泳女子200mバタフライで銅メダルを獲得した星選手は、「メダリストが目標だったので、素直に嬉しいという気持ちが大きい。4年後は金メダルを目指したい。銅メダルに満足せず頑張りたい」と、さらなる活躍を誓いました。

星選手は卒業論文などについて鎌田総長と懇談。日本水泳連盟や国立スポーツ科学センター(JISS)のサポートがオリンピックでの活躍につながったとし、「どのように役立ったのかを深く考えてみたい。オリンピック選手ならではの経験を振り返り、卒論として残すことが出来れば、自分自身の成長や今後の水泳指導にも役立つかもしれません」などと話しました。

鎌田総長は次のオリンピックに向けて更なる期待を述べ、「大学スポーツは、勝つことがすべてではなく、自分を発展すると同時に日本のスポーツの底上げとなる。文武両道の良いモデルとなるよう、模範を示していただければと思います」と、星選手にエールを送りました。

報告会の様子

報告会の様子

 

報告会後の記念撮影

報告会後の記念撮影

星奈津美選手、早稲田の現役女子学生 史上初の五輪メダル

以上

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる