早稲田キャンパスに杉原千畝レリーフを設置

「日本のシンドラー」としての功績を顕彰

111024_chiune1111024_chiune2

日本のシンドラーと称される早稲田大学OBの故杉原千畝氏の没後25周年を記念して、杉原千畝氏のレリーフが早稲田キャンパスの11号館と14号館の間に設置されました。

10月24日には、鎌田薫総長と早稲田大学国会稲門会のメンバーが中心となり設立した「杉原千畝顕彰会」の方々、杉原家ご親族、杉原氏ビザ発給者、イスラエルの民間防衛大臣、イスラエル大使館、ポーランド大使館、リトアニア大使館等などが出席し、除幕式を行いました。

杉原氏は1918年に早稲田大学高等師範部第一部英語科予科に入学。翌1919年に外務省の官費留学生に採用・日露協会学校に留学したため中退し、外交官となりました。第二次世界大戦の際、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原氏は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。外務省からの訓命に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られています。

このたび設置したレリーフは、「杉原千畝顕彰会」から寄贈いただいたものです。早稲田キャンパスの中心にあるレリーフに刻まれた「外交官としてではなく人間として当然の正しい決断をした」という杉原氏の言葉。今後も後輩である学生たちに受け継がれていくことでしょう。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる