Notice大切なお知らせ

「2015年度 一般社団法人 日本ロボット学会」 本学より9名の研究者が受賞

9月4日(金)に開催された「一般社団法人 日本ロボット学会(会長:高西淳夫早稲田大学教授)」2015年度第33回学術講演会において、早稲田大学の研究者9名が、当学会の事業に対する顕著で優れた業績があったとして、さまざまな表彰を受けました。

当学会の管掌する学術技術分野の発展に顕著な貢献をした正会員、もしくは当学会の運営発展に顕著な貢献をした正会員に対し授与される「日本ロボット学会フェロー」には、理工学術院創造理工学研究科の奥乃博教授、また、Advanced Robotics誌に発表された特に優秀な論文に対して授与される「第3回 Advanced Robotics Best Paper Award」には、理工学術院創造理工学研究科の高西淳夫教授、理工学研究所の石井裕之研究院講師、先進理工学研究科の柴田重信教授、高等研究所の田原優助教、文学学術院の木村裕名誉教授の5名、ならびに卒業生の石青氏、今野紳一朗氏、文野翔吾氏、木下新一氏、飯田成敏氏、岡林誠士氏の6名、さらに、優れた研究発表を行った新進の研究者または技術者の会員に対して授与される「第30回研究奨励賞」には理工学研究所の亀崎允啓研究院講師高等研究所の 橋本健二助教、先進理工学研究科の博士課程在学中の大谷拓也氏の3名が選ばれ、9月4日(金)の2015年度学術講演会(於:東京電機大学丹羽ホール)にて表彰式が行われました。

本学のICT・ロボット分野の研究者層の厚さが今回の多数受賞につながりましたが、その知見や強みを活かし、ロボット工学に関する学術および技術の振興、学術・文化・産業の発展に寄与できるよう一層尽力する決意を新たにしました。

 

0907

左から大谷氏、亀崎講師、橋本助教、高西教授、奥乃教授、文野氏、今野氏、木下氏、木村教授、石井講師

一般社団法人 日本ロボット学会

【設 立】
1983年(昭和58年)1月28日

【目 的】
日本ロボット学会は、学問領域の進展を目指し、ロボット技術の研究発表と技術交流の場を専門家に提供

【組織・構成】

※2014年12月末現在

正会員      2,908名

学生会員      1,108名

名誉会員      10名、 終身会員 70名

賛助会員     68社(94口)

 

以 上

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる