Notice大切なお知らせ

学部・大学院に在籍する女子学生数

2014年9月卒業式

2014年9月卒業式

1921年(大正10)の規定改正により、十数名の女性が聴講生としてはじめて早稲田の門をくぐり、文学部・商学部・理工学部の授業に出席しました。さらに1939年(昭和14)には、田中穂積・第4代総長のもとでの学則改正により、早稲田大学にはじめて正規学生として4名の女性が入学しました。これらの動きの背景には、日本女子大学の創立委員長を務めるなど、女性の高等教育に理解を示していた創立者大隈重信の理念があっただろうことは想像に難くありません。

それから75年後の2014年5月1日現在、早稲田大学の学部・大学院に在籍する女子学生数(通信課程除く)は18,543人で、全学生の35%を占めています。他の大学と比較しても、人数・割合ともに多いことに驚かれる方もおられるでしょう。

Waseda Vision 150 では20年後の2032年の数値目標値として、女子学生比率50%、女性教員比率30%、女性職員比率50%の実現を掲げています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる