Notice大切なお知らせ

PEPプログラムキックオフシンポジウム エネルギー大変革時代を切り拓く博士人材

学校法人早稲田大学(東京都新宿区 総長:田中愛治)(以下、早大)は、2019年3月18日(月)に、早稲田大学大隈記念講堂(小講堂)にて、文部科学省 卓越大学院プログラム パワー・エネルギー・プロフェッショナル(PEP)育成プログラム(以下、PEPプログラム)のキックオフシンポジウム「エネルギー大変革時代を切り拓く博士人材」を開催します。

PEPプログラムは、電力工学系・エネルギーマテリアル系・人社系の異分野融合教育によりエネルギーイノベーションに資する博士人材育成に取り組んでいます。また、産学連携を軸とした電力・エネルギー系大学院教育改革への貢献を標榜しています。

PEPプログラムにとってキックオフとなる今回のシンポジウムでは、電力・エネルギーインフラ及びこれと密接にかかわる情報インフラにおける最新動向や、博士人材への期待について、石油・化学業界、電力業界、情報通信業界のキーパーソンに基調講演いただきます。また、基調講演者と連携大学教員、本学ビジネススクール教員も交えたパネルディスカッションでは、大学院教育の大変革について語ります。

概要

【開催日時】2019年3月18日(月)12:30-15:30(受付12:00~)

【タイトル】エネルギー大変革時代を切り拓く博士人材

【場所】早稲田大学大隈記念講堂(小講堂)(東京都新宿区戸塚町1-104)

【参加費】無料

【申込方法】右記URLよりお申込みください。https://bit.ly/2RGxylt

【主催】早稲田大学パワー・エネルギー・プロフェッショナル育成プログラム

【共催】北海道大学、東北大学、福井大学、山梨大学、首都大学東京、横浜国立大学、名古屋大学、大阪大学、広島大学、徳島大学、九州大学、琉球大学

【後援】JXTGエネルギー株式会社、パワーアカデミー、一般財団法人電力中央研究所、国立研究開発法人産業技術総合研究所再生可能エネルギー研究センター、早稲田大学/スマート社会技術融合研究機構、ナノ・ライフ創新研究機構、リーディング理工学博士プログラム、SGUナノ・エネルギー拠点

プログラム

司会

本間 敬之(早稲田大学理工学術院先進理工学研究科教授・教務部長・副プログラムコーディネーター)

12:30   開会挨拶

早稲田大学 総長 田中 愛治

12:40   来賓挨拶

文部科学省高等教育局

12:50   プログラム紹介

早稲田大学理工学術院先進理工学研究科 教授、パワー・エネルギー・プロフェッショナル育成プログラムコーディネーター 林 泰弘

13:05   基調講演「エネルギーの未来を拓く卓越大学院への期待」

JXTGエネルギー株式会社 取締役 常務執行役員 五十嵐 仁一

13:30   基調講演「価値の集積・融合によるイノベーションとエネルギーの未来」

東京電力パワーグリッド株式会社 取締役副社長 岡本 浩

13:50 基調講演「通信とライフデザインの融合、パワー・エネルギー・プロフェッショナルへの期待」

株式会社KDDI総合研究所 取締役執行役員副所長 中村 元

14:10   休憩

14:25   パネルディスカッション「エネルギー大変革時代を切り拓く博士人材」

モデレーター

林 泰弘

パネリスト

・五十嵐 仁一(JXTGエネルギー株式会社 取締役常務執行役員)

・岡本 浩(東京電力パワーグリッド株式会社 取締役副社長)

・中村 元(株式会社KDDI総合研究所 取締役執行役員副所長)

・宮武 健治(山梨大学クリーンエネルギー研究センター 教授)

・渡邉 正義(横浜国立大学大学院 工学研究院長・理工学府長、理工学部長、教授)

・舟木 剛(大阪大学大学院工学研究科電気電子情報工学専攻 教授)

・末廣 純也(九州大学大学院システム情報科学研究院電気システム工学部門 教授)

・川上 智子(早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール) 教授)

15:25   閉会挨拶

早稲田大学 副総長 須賀 晃一

基調講演 登壇者

五十嵐 仁一氏 「エネルギーの未来を拓く卓越大学院への期待」

JXTGエネルギー株式会社 取締役常務執行役員

1982年東京工業大学大学院理工学研究科修了、日本石油株式会社(現JXTGエネルギー(株))入社。東京工業大学博士(工学)。2006年中央技術研究所潤滑油研究所長 兼 潤滑油総括部副部長、2008年中央技術研究所化学研究所長 兼 化学品総括部副部長、 2012年JX日鉱日石エネルギー(株)執行役員 中央技術研究所長、2014年常務執行役員 中央技術研究所長、2016年JXエネルギー(株)取締役常務執行役員、2017年より現職。担当部門は環境安全部、品質保証部、中央技術研究所。

岡本 浩氏 「価値の集積・融合によるイノベーションとエネルギーの未来」

東京電力パワーグリッド株式会社 取締役副社長

1993年東京大学大学院工学系研究科電気工学専攻博士課程修了、博士(工学)。同年東京電力株式会社入社。電力システムの最適化に関する技術開発に携わった後、本社技術企画部門で大容量送電(UHV)技術などのプロジェクトマネジメントを中心に、電力システム改革、再生可能エネルギーの統合・スマートグリッド戦略策定、電力技術の国際標準化、海外コンサルティングなどの業務に従事。2015年同社常務執行役経営技術戦略研究所長。2016年東京電力ホールディングス常務執行役。2017年より東京電力パワーグリッド取締役副社長経営改革担当。

中村 元氏 「通信とライフデザインの融合、パワー・エネルギー・プロフェッショナルへの期待」

株式会社KDDI総合研究所 取締役執行役員副所長

1990年早稲田大学大学院理工学研究科電子通信工学専攻修士課程修了、1990年 国際電信電話(株)(KDD)入社、2004年(株)KDDI研究所、2011年 KDDI(株)商品統括本部LTE端末開発室室長、2013年同技術統括本部技術開発本部技術戦略部部長、2015年同社長付上席補佐、2016年(株)KDDI研究所取締役執行役員副所長、KDDI(株)技術統括本部技術開発本部副本部長兼務、2017年 KDDI(株)技術統括本部技術企画本部副本部長兼務。2002年博士(工学)(早大)。

 

早稲田大学パワー・エネルギー・プロフェッショナル(PEP)育成プログラム

「卓越大学院プログラム」とは、文部科学省が実施している5年一貫の博士課程プログラム構築を目指す取り組みです。博士課程が設置されている国公私立大学を対象に、各大学が独自の強みを核としながら、海外トップ大学や民間企業などの外部機関と組織的な連携を図り、世界最高水準の教育力・研究力を結集して行うものです。

2018年10月に文部科学省 卓越大学院プログラムとしては私大で唯一、このPEPプログラムが採択されました。PEPプログラムは、電力・エネルギー分野で世界的イノベーションを起こすことができる知のプロフェッショナルを輩出することを目的として、世界トップレベルの教育研究プラットフォーム構築を目指しています。国公私立13大学が連携するインターユニバーシティ型プラットフォームを形成しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる