Waseda University Library早稲田大学図書館

Central Library

中央図書館

About the Central Library

中央図書館概要

早稲田大学総合学術情報センター

早稲田大学図書館の歴史は、大学が東京専門学校として創立され、その建物の一部に図書室が設置される1882年にはじまります。1902年、東京専門学校が早稲田大学と名称を変更し、大学として組織の整備がすすめられるなかで「図書室」ははじめて独立した施設をもつにいたり「早稲田大学図書館」は新たなスタートをきることになりました。

早稲田大学総合学術情報センターは、早稲田大学創立100周年記念事業の一環として、大学の学術情報の中核を担うべく1991年4月1日に開館しました。この施設は、中央図書館施設と研究・会議施設からなり、学術情報の収集・提供(図書館施設)、生産・発表(研究・会議施設)を有機的に一体化することを目指しています。さらに学内のすべての図書関連施設をオンラインでむすびネットワーク化をはかることにより、この施設は文字どおり学術情報のセンター(中核)としての役割を果たすことになります。

中央図書館は全体で27,705平方メートルを有し、収蔵可能規模は400万冊にのぼります。すべての図書は一部の重要書をのぞき利用者がじかに手にとってみることができる開架式書架に配架されています。この他に、閲覧個室、展示室、AVホール、マイクロ資料閲覧室など、多彩な利用者のニーズにこたえる施設が準備されています。
研究・会議施設は、約450席の国際会議場を中心として、会議室、研究室、共同研究室を有しています。これらの施設は内外の研究者の利用に供されています。

早稲田大学総合学術情報センターは、その規模、機能、そしてその内実において大学全体の教育研究活動の戦略的拠点として、あらたな可能性をきりひらく学問創造の場となることが期待されています。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる