School of Social Sciences早稲田大学 社会科学部

For Current Students

在学生の方へ

Seminars

ゼミナール

ゼミナールは、社会科学部の教育目標のひとつである「問題発見・解決のできる学生の育成」という理念の下、早期から専門的な学習をすすめ、様々な社会問題を総合的な知識で解決する能力を高めることを目的に設置されました。そのクラス数は60を超え、例年およそ9割の学生が履修しています。

社会科学部においては、ゼミナールは「必修科目」ではなく、仮に履修しなくても卒業することは可能です。
ただし、最大3年間にわたり、少人数で、専門的な学問を、深く学習する科目は、ゼミナールの他にありませんので、社会科学部生は低学年より積極的にゼミナールに参加することが期待されます。

ゼミナールを履修するためには各教員が実施する選考に参加し、合格する必要があります。
毎年、春学期に「秋学期からのゼミナールに関する選考」を実施するので、履修希望者は漏れなく参加してください。
※従来、ゼミナールⅠの履修は2年次の春学期からでしたが、2018年度以降の入学者は2年次の秋学期からとなります。これに伴い、2019年度以降はゼミナールⅠの開講は秋学期のみとなります。また、ゼミナールⅠの選考は、2019年度春学期に実施予定です。
詳細は社会科学総合学術院事務所までお問い合わせください。

適宜更新いたしますので、定期的に確認し間違いの無いように注意してください。

ゼミナール応募について

各ゼミナールにおいて履修が望まれる科目

ゼミナールでは、各担当教員がゼミ生に対し、履修を望む科目が設定されています。
これらは必修科目ではなく、あくまでも各学生が任意で履修するものですが、「科目登録の手引き」に
掲載されているので、科目登録やゼミナールの選考参加にあたって参考としてください。

※「科目登録の手引き」は科目登録のページでも閲覧可能です。

関連書類

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/sss/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる