School of Social Sciences早稲田大学 社会科学部

For Current Students

在学生の方へ

Request a Certificates

証明書

自動証明書(学割証)発行機にて発行できる証明書

  • 成績・卒業(修了)見込証明書
  • 健康診断証明書(和文)
  • 学割証
  • 健康診断証明書は当該年度に大学の学生定期健康診断を受診した学生が対象です。
  • 学割証はJRの乗車区間が101km以上の場合に利用できます(年間の上限発行枚数は10枚)。
  • 私バスの通学定期券購入に使用する通学証明書は、事務所窓口で発行します(JR、私鉄および地下鉄の通学定期券は学生証で購入可)。

自動証明書(学割証)発行機設置場所・発行時間

場 所 :14号館1階(オープンスペース)
7号館1階(ポータルオフィス前)
25号館1階(オープンスペース)
36号館2階(戸山キャンパス)
時間:それぞれ稼働時間が異なりますので、以下の早稲田大学ITサービスナビで確認してください。

発行を受けるために必要なもの

  • 学生証
  • MyWasedaのパスワード
  • 証明書発行手数料
    在学者:1通200円
    ※健康診断証明書は1通300円となります。学割証は無料で発行できます。

止むを得ない理由により本人が大学に来ることができない場合、「委任状」を作成し自身の学生証のコピーと共に代理人に預けることで、本人に代わって各種申請・登録を届け出ることができます。

事務所で発行する証明書

  • 進学調査書 ※1
  • 学力に関する証明書 ※2
  • 学力に関する証明書(見込) ※3
  • 社会調査士指定科目証明書 ※4
  • 博物館学芸員単位修得証明書 ※5
  • 学校図書館司書教諭単位修得証明書 ※6
  • 図書館司書単位修得証明書 ※7
  • 社会教育主事単位修得証明書 ※8
  • コンセントレーション(特定テーマ研究)修了証明書 ※9
  • 成績優秀者証明書※10
  • ※1~10事前に申請が必要です(申請から発行までに1週間程度かかります)。発行時期についてはHP、掲示板で確認してください。
  • ※2~3 ご請求される証明書の教科(中学校1種 社会、高等学校1種 地理歴史・公民・商業・情報 など)をご指定ください。1つの教科につき1枚の証明書が発行できます。
  • 磁気不良等で自動証明書発行機が利用できない場合は、発行機で発行できる証明書も早稲田ポータルオフィス(7号館1階)または社会科学部事務所(14号館3階)にて発行可能です。

大学院進学のための必要書類について

大学院進学のために必要な書類には、定形の卒業証明書、学業成績証明書の他に、次のようなものがあります。いずれも、学習所見など在学中の状況を 詳細に記入する必要がありますので、以下の説明をよく読んでから請求してください。

調査書

主に国内の国立大学受験のために必要となる学業成績を付記した書類です。学習についての所見欄は、在学中、ゼミナールを履修していたかどうかによって作成方法が異なります。
ゼミナールを履修していた場合は、当該ゼミの担当教員に直接依頼し、所見ならびに署名を得て事務所へ持参してください。事務所では、別途発行する学業成績証明書(卒業生1通300円、在学生1通200円)を調査書に貼付、割印、捺印の上、調査書を完成します。なお、ゼミナール以外の科目(外国書研究など)でも担当教員への依頼が可能な場合は、その担当教員に依頼してください。
在学中、ゼミナールを履修していない場合、あるいは当該ゼミが廃止されているなど担当教員と連絡がつかない場合は、所見欄を事務所にて記入します。この場合、学習についての所見欄は、ごく一般的な表記となってしまうことをあらかじめご了承ください。

推薦状(非定型書式)

主に海外の大学(大学院)受験のために必要となる手紙形式の書類です。海外の大学の要求する推薦状は、在学中の学習状況、授業参加状況、興味を持って学習した専門分野、志望する大学院との関連など、詳細な内容であることが 一般的ですので、次のとおり取り扱います。
ゼミナールを履修していた場合は、当該ゼミの担当教員に直接依頼してください。
在学中、ゼミナールを履修していない場合、あるいは当該ゼミが廃止されているなど担当教員と連絡のつかない場合は、社会科学部教務担当の教員が面接の上、推薦状を作成します。事務所で面接日時を調整しますので、事前に連絡してください。
海外在住の方など、事務所へ来室が困難な場合は、推薦状に記載すべき項目について、なるべく詳細に記載した依頼状を送付してください。
氏名(漢字、カタカナ、ローマ字)、連絡先(住所、電話、FAX、e-mailアドレス)、卒業年度、志望大学・大学院と専門分野、推薦状送付先、シー ル(厳封)必要の有無、在学中の学習状況、授業参加状況、興味を持って学習した分野(成績証明書から読み取れる内容であること)。

学習状況についての報告書(定型書式)

主に海外の大学(大学院)受験のために必要となる学業成績を付記するものです。こうした書類は、英文タイプライターで作成する必要があるため、当学部では作成することができないので、志望大学に問い合わせてください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/sss/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる