School of Social Sciences早稲田大学 社会科学部

About the School

学部について

50th Anniversary of the Foundation of the SSS

社会科学部創設50周年記念事業

早稲田大学社会科学部は、2016年4月、学部創設50周年を迎えました。社会科学部では、改めて学部半世紀の歴史を振り返り、併せて学部設置理念である「社会諸科学の総合的、学際的な教育・研究の実践」のさらなる発展を目指し、創設50周年記念事業、記念行事等を実施します。

ニュース

学部長あいさつ

社会科学部長 山田 満

 社会科学部、略して「社学」は、社会科学の総合を目指す社会に開かれた学部として発展し、2016年4月に創立50周年を迎えます。

学内では比較的新しい学部ですが、今の社学を担う教職員学生は皆、この50年の歴史を誇りに思い、輝かしい伝統を作ってきた卒業生、そして社学を支えてくださった多くの方々と共に50周年を祝えることをとても光栄に感じています。そう、今の早稲田は、社学抜きでは考えられません。後発学部として恵まれない勉学環境にありながら、その逆境を団結とエネルギーの源に変え、日本中で、世界中で活躍する尖った人材を輩出してきたのが社学です。

今は完全昼間部、そして昼夜開講の大学院社会科学研究科を併設し、学びのあり方や学生気質は変化してきました。これからは、学際的・臨床的・国際的な先端社会科学を発信する場として、新しく研究センターを併設し、日本の社会科学を牽引していきます。ただ、社会との接点こそが社学の命。我々は、多くのOB/OGや、学際的・先端的な社会科学の構想を意気に感じて共に活動する老若男女の共同研究者たちと一緒になって難問を解決し、人類の福祉に貢献していこうとしています。この50周年の記念行事をきっかけに、新しい社学を見ていただき、共に手を携えて人類の明日を創っていけるようになることを心より祈念しています。

50周年記念関連イベント 

実施報告

シンポジウム
社会科学部の理念と歩み

社会科学部デーにおけるスペシャル・トーク
津田大介氏と語る『新しい(ICT)技術と人間の生き方 ─これからの時代を創る者として何を考えるべきか、するべきか─』

社会科学部創設50周年・先端社会科学研究所開設記念事業 国際シンポジウム
アジアにおける地域研究とグローバル問題解決への貢献

社会科学部創設50周年学生参画イベント
先輩経営者と語り合おう!~君のキャリア設計図へのアドバイス~

お問合せ:「社会科学部創設50周年記念事業」事務局
TEL: 03-3203-2597
E-mail: Shagaku-50th@list.waseda.jp

創設50周年記念事業実行委員会 委員長あいさつ

創設50周年記念事業実行委員会 委員長 輪湖 博

社会科学部は1966年、「社会諸科学の学際的な研究と教育」を学部理念として創設され、2016年にめでたく創設50周年を迎えます。この間、1991年の大学設置基準の大綱化で語学教育、一般教育、専門教育の各科目に卒業要件として課せられていた取得単位数の条件が撤廃されると、いち早く1994年、学生それぞれが自らの興味や目標にあったカリキュラムを組むことができるよう大胆なカリキュラム改革を行い、学際的教育の幅を大きく広げました。その後、勤労学生の減少という社会の変化にともない、1998年には夜間学部から昼夜開講学部へ、そして2009年には昼間学部へと移行しました。また、「社会に開かれた学部」も設立理念の主要な柱でした。一般入試による入学生とは異なる資質をもつ学習意欲の高い学生を入学させるため、社会人学士、全国自己推薦、3年編入などの新しい入試制度も全国に先駆けて導入し、学生の多様性を高めてきました。夜間学部であることが留学生のビザ取得の弊害となっていた状況が昼間学部移行で解消されると、2011年には現代日本学プログラムを開設し、留学生の受け入りが始まり、国際化への第1歩も踏み出しました。他の学部がやらないことをやろうという進取の精神こそが学部を発展させてきた大きな原動力であり、もっとも早稲田らしい学部と評価されてきた所以でもあります。

この50年を振り返り、これからの50年を展望するために、記念事業実行委員会ではさまざまな催しものの企画や、次世代に引き継ぐため、社学の歴史的資料のアーカイブ作業を進めています。祝賀式典、シンポジウム、教員記念論文集、学生記念論文集などはもとより、卒業生と在学生のトークセッション、ゼミ対抗の討論会など、学生参画の新たな試みも計画中です。かつての周年事業で発刊された学生論文集がその後定例化したように、50周年を契機に行った新たな試みが、その後の社学の発展に寄与できればと願っています。

また、アーカイブされた資料は適宜WEB上に公開し、卒業生の方々が学生時代を懐かしむために立ち寄る広場を提供したいと思っています。そしてそれが将来的には、教職員、学生、卒業生の交流の場へと発展していくことを期待しています。学部創設50周年記念事業が単なる祝賀気分で終わらず、社学の新たな展開の一つの起爆点になるよう、皆様の積極的なご参加とご協力をお願いいたします。

「社会科学部創設50周年記念事業」事務局
TEL: 03-3203-2597
E-mail: Shagaku-50th@list.waseda.jp

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/sss/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる