School of Social Sciences早稲田大学 社会科学部

About the School

学部について

Basic Information

学部概要

沿革と歴史

早稲田大学社会科学部の歴史は、1966年にさかのぼります。当時大学にはすでに政治経済学部、法学部、商学部といった学部において、社会科学系のそれぞれの専門分野に関する教育が分科された形で行われていました。社会科学部は、そうした社会科学系専門分野を統合的、学際的に一体化したカリキュラムを構築し、学生に社会科学に関する総合的知識能力を修得させ、各界に貢献しうる有能な人材を育成することを目的として、独立した学部として創設されました。

わたしたちの社会は、政治、経済、科学技術、文化といったあらゆる面において世界との結び付きを深め、地球的規模においてともに手を携えてゆかなければ存立しえないまでに飛躍的な広がりを展開してきました。そしてそうした人間社会においては様々な利害がかつてないほど複雑に絡み合い、解決しなければならない多くの問題を生み出していることも事実です。今日社会科学部に求められている役割は、こうした地球規模の諸問題を解決してゆく礎となることです。そこでは学際的な(複数の学問領域が相互補完的に関係しあう)アプローチが必要となっています。社会科学部は、設立当初から社会科学系の専門分野を中心に学際的な教育を行い、これらの課題に積極的に取り組んできました。

設立当初は専任教員数25人に過ぎなかった学部も、40年余の歴史の経過とともに今日では60余人に及ぶ専任教員を擁する規模の学部となっています。そして教員スタッフの増加とともに設置科目も充実の一途をたどり、社会科学を学際的に学ぶ環境は着実に整備されてきました。環境問題にも明るい会計専門家、財務に強い福祉専門家、経済のわかる法律家など複数分野を得意とする専門家など、現在の社会が求める多くの人材を輩出してきました。

こうした学部の独自性が評価され、社会科学部は順調に発展を遂げ、1998年には「授業時間帯を13時からとするともに、情報化対応の14号館(新棟)への施設全面移転を実施(1998)」し、1999年には「昼夜開講学部」へ移行しました。

このような学部教育機関としての発展過程を集大成させる形において、1994年度には大学院社会科学研究科修士課程が、また1996年度には社会科学研究科博士後期課程が設置されました。大学院社会科学研究科は地球社会論専攻と政策科学論専攻からなり、社会科学部の基本理念である「社会科学の総合的学際的研究と教育」は、さらに高い次元において実現されることになりました。

早稲田大学社会科学部は、このようにして今日では社会科学系総合学部として大学内外において確固たる地位を築きあげています。

完全昼間学部への移行について

社会科学部は夜間学部として1966年4月に社会科学系分野を統合した国際的・学際的教育・研究を担うという理念の下に誕生しました。創設以来、他大学とは異なり、本属の専任教員を擁する独立した学部として運営され、発足当時から日本の大学史上、他に例を見ない画期的な学部とし注目を浴びてきました。

こうした学部の特色が評価され、社会科学部は順調に発展を遂げてきました。しかし、産業構造の変化にともない、フレックスタイム制を導入する企業や夜間勤務が中心となる職場の増加等、一般企業の勤務体系が多様化していることから、働いている学生が夜間の時間帯を希望しないケースも増えてきました。また在学生、父母の中からも授業時間帯を早い時間に繰り上げてほしいという新しい要望が強く寄せられてきました。

このような経緯により、社会科学部は1998年をもって、「昼夜開講学部」へ移行しました。同時に1999年4月には新しい14号館が全館竣工し、社会科学部の授業はここを中心に行われています。社会科学部は昼間および夜間の時間帯を使ってカリキュラムを充実させることが可能となり、21世紀にむけた「未来志向型の昼夜開講学部」に飛躍する礎を整えることができました。具体的には、1998年度から3時限目に設置している外国語科目の授業に加え、1999年度から教育環境が整い次第順次その他の科目も3・4時限に設置してカリキュラムの充実を図り、昼夜開講学部としてさらに発展していきました。

しかしながら、大学進学が一般化し、また通信課程などが整備された結果、夜間および土曜日の授業のみで卒業を目指す学生(いわゆる勤労学生)は、近年ほとんど見られなくなりました。その一方で、主に昼間の授業を受講している大多数の学生からは、午前中に授業がないことに対して、大きな不満が寄せられており、また、時間割構成上も、午後以降、夕方までの限られた時間帯に、多くの科目を配置しなければならないため、自由な時間割を組むことができず、教育の充実において障害となってきました。「社会人のための高等教育の開放」は、大学院教育にシフトしてきており、社会科学部では1994年より本学ではじめてとなる夜間大学院、社会科学研究科を設置し、高度な専門教育を行っています(2005年より昼夜開講制)。社会科学部では、このような社会情勢の変化に鑑み、また「社会諸科学の総合的、学際的な教育・研究」の理念をより一層具体的に実現するべく、2009年4月よりカリキュラム改革の実施と合わせて昼間部へ移行することにいたしました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/sss/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる