Graduate School of Economics早稲田大学 大学院経済学研究科

About the School

研究科について

プログラム紹介

<高度な専門知および経済分析スキル を生かした就職へ>

修士課程で培った高度な専門的知識や経済データ分析スキル等は、各企業・研究所等において即戦力として大
いに期待されます。とりわけ、経済データの実証分析能力等の学部レベルでは得られないスキルは、金融機関、
シンクタンクをはじめとする分野において今後ますます重要となることが予想されます。修士課程においてしっ
かりと理論を固め、データ分析能力を鍛えることによって、今後の道は大いに開かれます。

「実証分析プログラム(EAP)」☚ここをクリック

「交換留学プログラム(QTEM)」☚ここをクリック

 

<研究者へ>

研究者を目指し、さらに研究を深めたい学生には、博士後期課程への内部進学の道も開かれています。博士後期課程においては、在学中の国内外の学会参加や学術雑誌への論文投稿を積極的にサポートしています。また、優れた業績を上げた(上位に位置づけられる査読付国際学術誌へ論文が掲載された)場合には、早期修了の扱いでの学位申請が認められ、修士課程・博士後期課程あわせて最短3年間で博士学位を取得することが可能です。高い研究意欲さえあれば、自身の限界に果敢に挑戦し続けていけるよう、本研究科でも研究環境を整えています。

「5年一貫博士プログラム」☚ここをクリック

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/gse/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる