Institute of Comparative Law早稲田大学 比較法研究所

Publications and E-library

出版物・電子ライブラリ

Comparative Law Review

比較法学

比較法学とは

1964年に創刊された比較法研究所の機関紙(和文)です。研究所の紀要として、比較法・外国法に関する研究所研究員の研究成果を中心に、論説、講演、資料、書評などを掲載しています。2004年度の第38巻からは、年3号の発行になりました。

バックナンバー

最新巻:第52巻(第2号)

第52巻 第2号 (2018.12.1)

分類 タイトル 執筆者名
[論説] 中国における「ウーバー型労働」の発展とそれをめぐる労働法的課題 鄒 庭雲 1-20
中国の「区を設ける市」の地方立法権 -2018年憲法改正の新傾向- 水島 朝穂=洪 驥 21-55
[講演] インフォームド・コンセント -医事法のまやかしか? それとも現実か?- ローゼナウ ヘニング( 天田 悠 訳) 57-79
刑法学の対象と課題について キントホイザー ウルス (仲道 祐樹 =小池 直希 訳) 81-103
中国における法律職業資格試験の改革について 丁 相順 105-116
無体物と一般法 -知的所有の境界線- バンクタン ニコラ (麻生 典 訳) 117-137
[資料] 社員交互計算と「財務改善条項」の有効性 -フランス企業法判例研究- 柴崎 暁 139-152
アメリカ法判例研究(24)I 軽蔑的表現の商標登録を禁ずる連邦商標法の合憲性 -Matal v. Tam, 137 S. Ct. 1744(2017)- アメリカ最高裁研究会(代表者 宮川 成雄) 原口 佳誠 153-165
アメリカ法判例研究(24)II 州の一般的な財政援助からの宗教機関の除外と信教の自由 -Trinity Lutheran Church v. Comer, 137 S. Ct. 2012(2017)- アメリカ最高裁研究会(代表者 宮川 成雄)神尾 将紀 166-175
EU法最新動向研究(1) EU司法裁判所イスラム・スカーフ事件先決裁定 -Case C-157/15, Achbita v G4S Secure Solutions NV, ECLI:EU:C:2017:203; Case C-188/15, Bougnaoui v Micropole SA, ECLI:EU:C:2017:204.- EU法最新動向研究会(代表者 中村 民雄)黒岩 容子 177-185
EU法最新動向研究(2)  EU域内での人道的ビザ申請を意図したEU諸国域外公館での短期滞在ビザ申請の可否 -Case C-638/16/PPU, X and X v Etat belge, EU:C:2017:173.- EU法最新動向研究会(代表者 中村 民雄)木場 修司 187-197
保険者の説明義務の再構築 -行動経済学の視点からの一考察- 汪 信君(大塚 英明 監訳= 張 楊 訳) 199-215
権利救済法システムの比較研究(3) スイス統一民事訴訟法の概要(3) 権利救済法システム比較研究会(代表者 松村 和德)松村 和德=吉田 純平 217-244
Development of ‘Uberization’ and the Issues of Labour Law in China Zou Tingyun 245-245
The Local Governments’ Legislative Authority of “Cities Divided into Districts” in China :New Trend of the Constitutional Amendment in 2018 Mizushima Asaho and Hong Ji 246-247

Link to English page.

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/icl/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる