Institute of Comparative Law早稲田大学 比較法研究所

Publications and E-library

出版物・電子ライブラリ

Comparative Law Review

比較法学

比較法学とは

1964年に創刊された比較法研究所の機関紙(和文)です。研究所の紀要として、比較法・外国法に関する研究所研究員の研究成果を中心に、論説、講演、資料、書評などを掲載しています。2004年度の第38巻からは、年3号の発行になりました。

バックナンバー

最新巻:第51巻(第2号)

第51巻 第2号 (2017.12.1)

分類 タイトル 執筆者名
[論説] 我が国における追及権導入に関わる諸問題 小川明子 1-41
合衆国最高裁判所と裁判官-2015年度開廷期における3つの出来事- 小竹聡 43-73
イギリスにおける会社法改正構想-2016年緑書「コーポレート・ガバナンスの改革」に示された会社法改正構想の概観と示唆- 中村信男 75-111
[講演] いわゆる「デザート・モデル」による量刑論 アンドレアス・フォン・ハーシュ(松澤伸=竹川俊也訳) 113-120
二国間(日韓)交流事業倒産処理法シンポジウム「日韓・韓日両国における倒産処理法の課題」 121
Ⅰ 韓国に於ける倒産法の変遷と今後の課題 金炯枓(金炳学訳) 122-162
II 戦後企業倒産処理法制の変遷 杉本和士 163-180
シンポジウム 法の支配とアメリカ大統領-トランプ政権とアメリカ法の改変- 企画趣旨 宮川成雄 181-184
Ⅰ 移民法制の改変と人権についての規範意識の変化-トランプ大統領とアメリカ移民法の改変- 宮川成雄 185-193
Ⅱ 健康保険法制に見る憲法解釈の巻き返し 秋葉丈志 194-203
コメント トランプ政権の移民規制措置と法の支配:EU法の視座からのコメント 中村民雄 204-210
コメント 大統領の役割:連邦と州の関係の視点から 安部圭介 211-215
Ⅲ トランプ政権と法の支配-マイノリティの人権 吉田仁美 216-222
Ⅳ トランプ政権下における女性およびLGBTの権利保障の行方 小竹聡 222-236
Ⅴ 最高裁裁判官任命の意味 紙谷雅子 237-249
コメント 合衆国最高裁判所による基本権保障と少数派保護 原口佳誠 250-257
コメント 権力分立と現代アメリカの「保守」 会沢恒 258-263
中国農地法制変革と持続可能な発展 陳小君(文元春訳) 265-284
資料 米州人権裁判所判例における条約適合性統制 エドゥアルド・フェレル・マック=グレゴル(根岸陽太訳) 215-313
中華人民共和国における憲政概念をめぐる論争-韓大元主編『共和国六十年法学論争実録 憲法巻』(厦門大学出版社,2009年)- 鄧聯繁(松井直之訳) 315-341
借主保険の期中解約とHAMON法の適用-破毀院第1民事部判決2016年3月9日〈フランス企業法判例研究〉- 柴崎暁 343-362
外国民事訴訟法研究(50) 「アメリカ合衆国連邦倒産手続規則」試訳〔7〕 外国民事訴訟法研究会(代表者 加藤哲夫) 363-381

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/icl/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる