Graduate School of Letters, Arts and Sciences早稲田大学 文学研究科

News

ニュース

文学学術院・演劇博物館・バーミンガム大学   シェイクスピア研究で連携、共同研究をスタート

文学学術院と演劇博物館は、シェイクスピア没後400年にあたる2016年3月に、シェイクスピア研究の世界的拠点であるシェイクスピア研究所を擁するバーミンガム大学とシェイクスピア研究における連携にかかわる覚書を締結しました。

この覚書締結を記念して、2016年11月にはシェイクスピア研究所の所長であるマイケル・ドブソン教授が文学学術院で講演を行い、2016年1月には早稲田大学とバーミンガム大学を中心とした国際学会を2日間早稲田大学で行い、国内外で大きな反響と評価を得ました。

以下のURLの映像は、ドブソン教授へのインタビューと講演、両校の提携の過程、早稲田での国際学会におけるバーミンガム大学のラッセル・ジャクソン名誉教授の基調講演とインタビューの一部です。

Waseda×Birmingham

※ご参考:
ニュース「早稲田大学・英バーミンガム大学が提携 共同研究を強化、推進」

早稲田大学・英バーミンガム大学が提携 共同研究を強化、推進

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/glas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる