Waseda Culture Labo早稲田文化ラボ

News

ニュース

(10/21)ミュージカルの1シーンをオンラインで! ZOOMusicalを創ってみるワークショップ【早稲田文化芸術週間2021】

ミュージカルの1シーンをオンラインで!
ZOOMusicalを創ってみるワークショップ(10/21)

画面を一杯に使い、バーチャル背景を使用して、オンラインならではの表現を探ります。試行錯誤しながらトライしてみましょう!ミュージカル解説や分析も行います。

日時

2021年10月21日(木)17:00-19:30

申し込み

申し込み期間:9月27日(月)10:00~ 定員に達し次第終了
参加申込フォームは、こちら(9月27日(月)より公開)
定員:先着20人

会場

オンライン(Zoom)

ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったイベントです。
インターネットに接続できるスマートフォン、タブレット、PC等を各自でご用意ください。
また事前にZoomミーティングに参加できる環境設定を行ってください。このイベントではマイク・カメラ・スピーカーを使用します。
※Zoom利用にあたってのサポートやお問い合わせにはお答えできません。

出演

中原 和樹(演出家・脚本家・アクティングトレーナー)
大塚 由祈子(俳優・ダンサー)
長谷川 ひかり(俳優)

お問い合わせ

中原和樹  090-6001-8128/[email protected]

※新型コロナウイルスの感染状況によりイベントの中止・延期・内容を変更する場合がございます。最新情報は当ページにてお知らせします。

2019年は「美女と野獣」を演じました!(開催レポート)

10月15日(水)、「演技と歌と音楽の反応!生演奏ミュージカルワークショップ」を開催しました。早稲田文化芸術週間では今回で3回目の実施となり、参加者の満足度も高い人気イベントの1つです。

今回はディズニー映画「美女と野獣」より『BE OUR GUEST(おもてなし)』(城に迷い込んだベルを、ルミエールやポット婦人たちが歓迎する場面の楽曲)を題材として、参加者みんなでミュージカルを作り上げていきました。講師は本学OBで、毎年6月の学生文化・芸術祭で舞台監督を務めている中原和樹氏、ミュージカル俳優の山野靖博氏を始め、ピアニストやドラム奏者の生演奏のもと舞台を創作しました。

まず「おもてなし」とは何か。自分の経験を交えて意見交換をし、ルミエールやポット婦人たちの心情をつかんでいきます。そして参加者たちは役になりきり、身体の動きや表情を自由に創作していきます。

歌詞に書かれていない、歌の背景にあるものにも視点を当て楽曲を深く掘り下げていきます。さらには、ミュージカルにおいて音楽にはどんな役割があるかも考えます。改めて音楽に耳を傾けると、さまざまな変化が起こっていることを発見し、表現の幅も大きく膨らんでいきました。

最後には、発表会を行いました。3時間とは思えないほど完成度が高く、また参加者それぞれが生き生きと輝く素晴らしい舞台を作ることができました。
ご参加いただだきました皆さま、講師の先生・アーティスト方々、本当にありがとうございました。

早稲田文化芸術週間2021

Dates
  • 1021

    THU
    2021

Place

オンライン

Tags
Posted

Tue, 14 Sep 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる