Waseda Culture Labo早稲田文化ラボ

News

ニュース

早稲田大学歴史館に「WABIAN-RV」登場します!

早稲田大学の歴史(過去・現在・未来)に関する資料や情報を、様々な切り口で提示する「早稲田大学歴史館」。

その中でも、現在進行形のWASEDAを表現する「進取の精神」エリアでは、約50年の歴史を有するロボット研究の成果展示として、1973年に開発された「WABOT-1」(WABOTは、Waseda Robotの略)を展示してきました。「WABOT-1」は世界初の本格的人間形知能ロボットであり、簡単な会話を行い2足歩行によって移動する能力を有しています。

ですが、この度「WABOT-1」が学外の企画で展示されることとなったため、「WABIAN-RV」(WABIANは、WAseda BIpedal humANoid の略)と交替し、2020年12月10日(木)から公開することとなりました。

「WABIAN-RV」は2001年に開発されたロボットで、全身に合計43の可動関節を持ち、1歩0.96秒,歩幅0.30メートルの動歩行が可能です。 また、単語を組み合わせた音声指示による歩行やダンス動作を通して、より高度な人間とのコミュニケーション機能を持つなど、WABOTから進化を遂げた姿をご覧いただけます。 この展示は写真撮影をお楽しみいただけます。皆さまのご来館をお待ちしています。

展示案内

【本日より開催】早稲田大学歴史館 企画展「大隈重信とチベット・モンゴル」(11/13~12/11)

早稲田大学歴史館 テーマ展示「今に息づく早稲田建築」

早稲田大学歴史館(入場無料・事前予約なし)

  • 開館時間:10:00~17:00
  • 休館日:水曜日(詳細は公式Webサイト・開館カレンダーをご確認ください。)
  • 場所:東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学 早稲田キャンパス1号館1階

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる