Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

小学生のための心と身体をひらくワークショップ 開催レポート【早稲田文化芸術週間】

小学生のための心と身体をひらくワークショップ 開催レポート【早稲田文化芸術週間】

10月10日(火)に「小学生のための心と身体をひらくワークショップ からだ・おんがく・ことばであそぼう!」が小野記念講堂にて開催されました。作曲家の春畑セロリさんを講師にお迎えし、多くの小学生とその親御さんにご参加いただきました。大学において子ども向けのイベントをおこなうことは珍しく、大変貴重な機会となりました。

参加した子どもたちは全員舞台に上がり、みんなで楽しくワークショップの始まりです。ピアノの和音を聴き比べてみたり、3パートに分かれて手拍子でリズムを取ってみたり、いろいろな和音を聴いて感情を表してみたり、グループ毎に曲に作詞をしてみたりと、普段の音楽の授業では勉強できないことばかりで、子どもたちもワイワイ大満足の様子でした。

終了後には参加者、親御さんのご感想もいただきました。

「リズムや自分で思ったことを音楽に出して、とても楽しかった。自分で、お話をつくって音楽を作って、おもしろかった。」

「音を聞いて表現するというのは小学生、それも低学年にとっては大切なことだと思います。今後も続けて頂きたいと思います。」

「和音やリズムなど上手く取り入れて音感、リズム感をきたえてもらった様な気がします。音楽を通して、知らない子同士が少し仲良くなれた様に感じました。」

開始時間前には、早稲田大学漫画研究会が似顔絵を約5分でお描きする「漫画研究会プレゼンツ、早稲田の思い出を似顔絵に!」に参加する方も多く、あわせてとても楽しんでいました。

 

 早稲田大学最大の文化芸術フェスティバル「早稲田文化芸術週間」の詳細はこちらをご覧ください!

Place

早稲田大学 小野記念講堂ロビー

Tags
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる