Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

「命のビザ」の故郷に、再び校歌は響いた。

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに迫害され欧州各地から逃れてきたユダヤ人等に日本を通過するためのビザ(通過査証)を発給し、約6千人の避難民を救ったとされる日本の外交官「杉原 千畝」(すぎはら ちうね・1900年-1986年)は、岐阜県八百津町出身であり、本学が母校としても知られています。

その八百津町より、2016年に「文化」、特に音楽を通じた交流事業を行いたいと希望があり調整を重ねた結果、本学の公認サークルである早稲田大学混声合唱団(通称「早混」)による「八百津町でのコンサート」「町内の中学校を訪問し生徒と歌の交流」等を実施することとし、大変な好評を得ました。
八百津町からは、引き続き交流事業を実施したいという希望があったことから、2017年度も早混によるコンサートおよび中学校訪問を実施することとし、8月31日(木)・9月1日(金)の2日間をかけて実施しました。

杉原千畝の功績を学ぶ・伝える

八百津町には、杉原千畝の功績を後世に伝えるために「杉原千畝記念館」が開設されています。記念館内は「なぜ、ナチスはユダヤ人を迫害するようになったのか」に始まるいくつかのコーナーに分けられ、当時の時代背景やユダヤ難民の過酷な運命、そして杉原千畝がなぜ外務省からの指示に反してまでビザを発給するに至ったか等について、パネル展示や映像資料により学ぶことができます。また、当時のパスポートの展示(展示資料はレプリカ)があり、杉原千畝が書いた数行の査証の記述を見るとき、その数行が持った重みを、誰もがリアルに感じられると思います。

八百津町にもっと響け!早稲田の想い

8月31日(木)19時から、八百津町ファミリーセンター 大ホールにて、「ワセダ ヒューマ二ティ  コンサート ’17」が始まりました。早稲田大学校歌を皮切りに、童謡・唱歌を集めた1st Stage、「夢の中へ」「上を向いて歩こう」など、耳馴染みの深い昭和の名曲を集めた2nd Stage、早混が得意とするモーツァルト等の外国音楽を混えた3rd Stageの3部で構成され、最後は熱いアンコールの拍手に応え、「川の流れのように」「早稲田の栄光」の2曲を披露しました。昨年より、より親しみのある曲を集めた今回は、来場者が客席で一緒に口ずさむ姿が多く見られるなど、昨年とはまた違った親しみあるステージとなりました。
ホールから帰られる約350名の方々を、金子八百津町長と早混のメンバーがお見送りをしましたが、皆満足された表情でお帰りになったのを見ると、本年も大成功のコンサートとなったと言えます。

八百津町の中学生はやっぱり凄い!早混と歌の交流を実施

大盛況に終わったコンサート翌日の9月1日(金)、早混は二手に分かれ、町内の「八百津中学校」と「八百津東部中学校」を訪問。本学の校歌や応援歌、早混のメインレパートリーを披露するミニコンサートを行いました。ミニコンサートの最後では、各中学校の校歌をサプライズ的に披露し、中学生は大喜び。
その後は、中学生達の合唱を聴いてクラス別・パート別に歌唱指導を行った他、中学生と一緒に給食を食べる等して交流を深めました。歌唱指導では、「身体に力を入れ過ぎず笑顔で歌おう」、「自分のパート以外のパートを意識しよう」といった具体的なアドバイスがなされ、短い時間ではありましたが、中学生にとってとても刺激的な時間になりました。

八百津町職員と町づくり交流

中学校訪問を終えた後、合唱団から選抜された5名が町役場を訪れ、町の若手職員と今後の町づくりに対し必要なことは何か?について意見交換を行いました。団員からは、「定住促進のための税制措置の可能性はあるのか?」とか、「都市部に集中している高等教育機関の誘致が考えられないか」といった大学生目線の提案がなされました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる