Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

早稲田大学・美濃加茂市文化交流事業 モノを蒐めるまなざし-早稲田大学會津八一記念博物館蔵のコレクションとともに

monowoatsumeru

早稲田大学には、創立以来の学術研究を物語る膨大な資料が蓄積されています。
そのうち會津八一は、東洋美術史研究や教育のため、約4,000点に及ぶ実物を蒐集しました。それらは現在、會津コレクションとして會津八一記念博物館に収蔵されています。また同館には、長年にわたって研究に携わった人々による様々な分野の貴重な資料や作品が収蔵されています。
また美濃加茂市をフィールドとして地道な調査と記録の蓄積、資料の蒐集を続けた研究者がおり、それらの成果は美濃加茂市民ミュージアムに収蔵されています。
本展では、両館が所蔵する貴重な文化遺産(モノ)を通じて、学術研究に邁進した「蒐集者」の姿や思い、生き様を紹介します。そして「蒐集者」がみつめた社会や文化的背景にも思いを馳せる機会とします。

 

 

※2007年に、早稲田大学と美濃加茂市は文化交流協定を締結し、毎年、共催企画を実施しています。
文化交流協定は、美濃加茂市出身で早稲田大学で教鞭を取った坪内逍遙博士、津田左右吉博士を共通項とし、文化事業について協力し合うこと、相互発展と地域社会の活性化、学問研究の向上などに寄与することを目指して締結されました。

 

 

早稲田大学大隈記念タワー(26号館)10階 125記念室会場

会期

2017年2月8日(水)~3月7日(火)

時間

10:00~18:00

休室日

2月10日(金)、2月26日(日)、3月5日(日)

会場

26号館大隈記念タワー125記念室

料金

無料

主催

早稲田大学文化推進部、美濃加茂市民ミュージアム

問い合わせ

文化企画課

電話: 03-5272-4783(平日9:00~17:00)

Eメール:art-culture@list.waseda.jp

その他

※美濃加茂市会場での開催予定はこちらをご覧ください。

※会場により、展示品が異なる場合があります。

 

Dates
  • 0208

    WED
    2017

    0209

    THU
    2017

  • 0211

    SAT
    2017

    0225

    SAT
    2017

  • 0227

    MON
    2017

    0304

    SAT
    2017

  • 0306

    MON
    2017

    0307

    TUE
    2017

Place

26号館大隈タワー10階125記念室

Tags
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる