Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

多和田葉子・高瀬アキ ワークショップ&パフォーマンス

tawada_omote

  • 日時:2012年11月15日(木)・16日(金)
  • 会場:小野記念講堂(27号館小野梓記念館地下2階)
  • 入場無料・申込不要・全席自由
    一般の方も入場可能(先着200名) ※未就学児入場不可

ベルリン在住の作家・多和田葉子と、ジャズピアニスト・高瀬アキによるワークショップ&パフォーマンスは、毎年大好評を博し、今年で3回目を迎えました。
多和田葉子の音楽性を持った朗読と、高瀬アキの自由なピアノが、ユニークなコラボレーションをする企画です。お二人はこれまでブレヒトやチェーホフ、宇治拾遺物語、東日本大震災など、様々なテーマを舞台化し、大きな反響を呼びました。
多和田葉子は芥川賞・谷崎潤一郎賞・泉鏡花文学賞、野間文芸賞、早稲田大学坪内逍遙大賞などを授与された、本学卒業の日本語作家であると同時に、ドイツ語でも創作を続け、ゲーテメダルなどを受賞しています。
高瀬アキはアメリカやヨーロッパで活躍を続けるコンテンポラリージャズの第一人者で、自ら作曲も手がけます。
ドイツを拠点に世界的に活躍するお二人の豪華な共演をお楽しみください。

1.パフォーマンス「虫の知らせ」

ある朝目が覚めたら虫になっていたグレゴール・ザムザ。彼は社会から切り離されて自宅の一室で朽ちていく運命をたどる。信頼していたシステムが突然破綻し、平穏な日常が奪われる体験は、3・11後、わたしたちにとってももはやあり得ないことではなくなった。多和田葉子と高瀬アキ、ベルリンにすむ二人の芸術家が、虫の視点から現代人に警告のパフォーマンスを放つ。

2.ワークショップ「言葉と音楽 Vol.3」

2010年の開催から3回目となるワークショップ。多和田葉子のテキストと高瀬アキの即興ピアノと共に、言葉と音楽のコラボレーションの可能性を探る。文学作品を舞台にどう乗せるかを考えることで、文学の創造される場に近づいてみる。

開催概要

開催日時
  1. パフォーマンス「虫の知らせ」
    2012年11月15日(木)18時30分-20時30分(開場18時)
  2. ワークショップ「言葉と音楽 Vol.3」
    2012年11月16日(金)16時30分-18時30分(開場16時)
会場 小野記念講堂(27号館小野梓記念館地下2階)
費用等 入場無料・申込不要・全席自由(先着200名)
一般の方も入場可能 ※未就学児入場不可
出演 多和田葉子(作家)・高瀬アキ(ジャズピアニスト)
問い合わせ先 文化構想学部文芸ジャーナリズム論系 松永美穂研究室 03-5286-3637
文化企画課 03-5272-4783(月~金 9:00-17:00)
art-culture@list.waseda.jp

チラシのダウンロードはこちら

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる