Drama-Kan Theatre早稲田小劇場
どらま館

News

4/27-30 かもめマシーン『俺が代』

Concept:

「改憲/護憲」という二項対立ばかりが議論されている。でも、私たちは憲法について何を知っているだろう。憲法の条文を読んだことがある人は多いはず。そのまま丸暗記をしているかもしれない。じゃあ、私たちは憲法を「読んだ」ことはあるだろうか?

「憲法にふれる」をテーマに、日本国憲法や、文部省(当時)による教科書『あたらしい憲法のはなし』、そして尾崎行雄、芦田均などの演説をテキストとして使う『俺が代』は、ひとりの俳優が「身体」を使って憲法を「読む」異色のパフォーマンス。

この作品を見ても、9条について何もわからない。国民の権利についてもわからない。きっと、天皇についてもわからないだろう。観客は、憲法を「読む」俳優を目撃するだけだ。

それによって、日本国憲法は私たちのものだ、ということだけがわかる。

平成の終わり/新元号の始まりに、愛知・東京・沖縄という3都市で『俺が代』を上演する。

 

公演詳細

期間

2019/04月27日(土)~2019/04月30日(火)

チラシ

チラシを見る

料金

一般 2,800円(当日3,000円)
学生  1,000円
※ 学生料金は、要学生証提示
※ 未就学児入場不可

タイムテーブル

2019年4月
27日(土) 15:00
28日(日) 15:00
29日(月) 14:00 19:00
30日(火) 15:00

予約

http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=421e6f0db7

サイト

https://www.kamomemachine.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

劇場

早稲田小劇場どらま館

言語:

日本語(英語字幕あり)

クレジット:

  • 構成・演出:萩原雄太
  • 出演:清水穂奈美
  • 照明:千田実(CHIDA OFFICE)
  • 舞台監督:伊藤新(ダミアン)
  • 美術:横居克則
  • 英語翻訳:西尾樹里
  • 題字:木積凛穂
  • 宣伝写真:荻原楽太郎
  • 宣伝美術:藤井隆史
  • 制作:清水聡美
  • 提携:アトリエ銘苅ベース[沖縄公演]
  • 製作:かもめマシーン
  • 主催:かもめマシーン/愛知県芸術劇場[愛知公演]
  • 共催:早稲田小劇場どらま館[東京公演]
  • 助成:セゾン文化財団​
Dates
  • 0427

    SAT
    2019

    0430

    TUE
    2019

Place

早稲田小劇場どらま館

Tags
Posted

Wed, 27 Feb 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/dramakan/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる