Drama-Kan Theatre早稲田小劇場
どらま館

Usage guide

利用案内

Facilities

館内マップ・設備

館内マップHall Map

劇場は客席数72席とし、多様な演目に対応可能な遮音性能を備えた機能的な仕様としています。
劇場客席を2階に配置し、観客動線を南門通りに面した屋外階段とテラスを経由させることで、屋根付きの待列空間を確保するとともに、公演前の賑わい感を街に発信します。
楽屋や通用口には独立したバック動線を確保し、裏通りと連結させたコンパクトなレイアウトにより敷地利用の最適化を図っています。
また、バリアフリーへの配慮としてエレベータおよび多目的トイレを設け、車いす用の観覧スペースの用意も可能です(事前にお問合せください)。

建物概要

建築主 学校法人早稲田大学
計画地 東京都新宿区戸塚町1-101
防火地域の指定 防火地域
敷地面積 121.96m2
建物用途 劇場(72席)
建築面積 111.35m2
延床面積 231.06m2
建物構造 地上4 階/鉄骨造
総合監理 早稲田大学キャンパス企画部
設計・監理/施工 株式会社竹中工務店

設備Equipment

(注)オールフラットのレイアウトを希望される場合は、劇場管理人との打合せが必要となります。

運営規程・施行細則Rules

どらま館の運営について

早稲田大学は、早稲田演劇の伝統を継承・発展させ、優れた演劇文化を発信し、次代を担う演劇人を育成すること、また、演劇を通して広く社会で活躍できる人材を育成することを目的として、早稲田小劇場どらま館(以下「どらま館」という。)を建設いたしました。どらま館の運営については、本学の学生部が所管し、運用規程に基づいて運営をいたします。運用規程・細則は以下からご覧いただけます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/dramakan/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる