Waseda University Library早稲田大学図書館

News

ニュース

図書館情報検索ワークショップ2019春学期 (6/25-7/11)

今年もこの時期がやってきました!
「図書館情報検索ワークショップ」では、レポートや論文作成に役立つ講座を多数開催!資料の探し方、RefWorksを活用した文献管理方法、論文・レポートの書き方など、多彩な講座を準備しています。少人数の実習形式でじっくり学べて参加は無料(事前申込制)。ぜひご参加ください!


開催期間

2019年6月25日(火)~7月11日(木)

主な対象者

早稲田大学の学生(学部学生、大学院学生、科目等履修生、通信教育課程等)、教職員(WasedaID保持者)

開催場所・時間

中央図書館、早稲田キャンパス内の教室、戸山図書館、所沢図書館とプログラムによって開催場所や時間が異なります。
詳細はプログラム開催スケジュール(ポスター)をご覧ください。

* If you want to know the programs provided in English, please check here.

ワークショップ参加に関する注意事項

  • 定員に達していないプログラムは当日参加も可能です。
  • R (RefWorks)以外のプログラムはご自身のパソコン持参でも参加可能です。その場合は、あらかじめ学内Wifi (waseda-wpa2)に接続できるように設定しておいてください。設定方法などは早稲田大学ITサービスナビ(よくあるご質問)をご確認ください。

プログラム詳細・申込み

中央図書館と早稲田キャンパス内の教室で開催するプログラムは、以下の申請フォームからお申込みください(複数を同時に申請できます)。
戸山図書館、所沢図書館開催プログラムの申込みは専用の申請フォームとなるため、それぞれのプログラム欄をご覧ください。

>中央図書館・早稲田キャンパス内の教室で開催するプログラムの申請フォーム

B (Basic):ググらない検索~レポート・卒論作成の基礎テクニック~

  • こんな方におすすめ:
    図書、雑誌論文(日本語)、新聞の基本的な探し方を知りたい方
    ※学部学生(主に1、2年生)の向けの内容です。それ以外の方も受講できます。
  • 紹介するデータベース:
    WINE, CiNii Books, CiNii Articles, 各新聞社データベース
  • プログラム概要:
    「資料はどうやって探すの?」「どこから集め始めれば…?」そんなあなたにPCの実習を含めて“図書館資料の探し方の基礎”をお伝えする75分の集中講座!この機会にググるだけでない探し方を身につけちゃいましょう!
    *過去に授業で図書館の講習を受講した方は、ほぼ同じ内容ですので注意してください。

A (Advanced):研究・論文作成に役立つ英語論文の探し方

  • こんな方におすすめ:
    英語論文の利用を希望する大学院学生、学部学生
  • 紹介するデータベース:
    Web of Science、テーマ別データベース(ProQuestまたはEBSCO host提供DB)
  • プログラム概要:
    英語論文の検索、お手伝いします!”データベースにキーワードを入力すること”だけが論文検索になっていませんか?本講習では、英語論文を探すデータベースを使って、ワンランク上の論文の探し方を紹介します。山のように検索結果が出て困っている方にも、1件も結果が出ずに困っている方にも、おすすめの講座です!
    *This class will be conducted in Japanese.

C (Career):データから見える企業のホンネ

  • こんな方におすすめ:
    企業への就職を考えている学部生、大学院学生
  • 紹介するデータベース:
    東洋経済デジタルコンテンツライブラリー、日経テレコン21、有価証券報告書(日経バリューサーチ 等)
  • プログラム概要:
    年収程度の情報で就職先を選べますか?このワークショップでは、早大生なら無料で使えるデータベースを活用し、企業のホンネに迫る方法を伝授します。マニュアルに頼らない、早大生らしい“就活”に役立ててください。

R (RefWorks) :文献管理が楽になる!-RefWorks実習-

  • こんな方におすすめ:
    参考文献を効率的に管理したい方
  • 紹介するデータベース:
    RefWorks
  • プログラム概要:
    レポート・論文の作成には「参考文献リスト」の管理が大切。講師をお招きし、文献管理ソフト「RefWorks」の基本機能を解説・実習します。文献情報の収集・管理から参考文献リスト作成まで一通り身に付けちゃいましょう!
    ★受講にあたっては、事前のアカウント作成が必須です★

W (Writing): ライティング・ワークショップ 主張を根拠づけよう!―情報検索から引用まで―

★★満員御礼!参加受付は終了いたしました。たくさんのお申込みありがとうございます!(7/1時点)★★

  • こんな方におすすめ:
    文献の探し方に悩んでいる方、引用の仕方が心配な方(学部生、大学院生向け)
  • 紹介するデータベース:
    WINE、CiNii Articles、新聞記事DB、ジャパンナレッジLib
  • プログラム概要:
    「自分の論や主張に説得力をもたせるに、どう文献の内容をレポートや論文に取り入れたらよいだろう…」、「剽窃を避けるにはどうしたらよいのかな…」と悩んだ経験はありませんか。文献を探し、引用し、自分の論や主張を根拠づけるまでの流れを学べる実践型ワークショップです。
    *中央図書館、ライティング・センター共催プログラムです。

TY (Writing in Toyama):文献を解釈するための引用 【戸山図書館】

  • こんな方におすすめ:
    人文学を学ぶ学部生・大学院生
    *主に人文学を学ぶ学部生・院生を対象としていますが、引用の基本を学ぶことができるのでどなたでも参加できます。
  • 紹介するデータベース:
    WINE 他
  • プログラム概要:
    文献の調べ方から、文献を引用して解釈する方法までを実践をとおして学びます。
  • 申込み:
    >戸山図書館開催プログラムの申請フォーム

TZ (Writing in Tokorozawa):ゼロからはじめるレポート作成—テーマ決めから問い・答えまで 【所沢図書館】

  • こんな方におすすめ:
    学部生、大学院生
  • 紹介するデータベース:
    WINE、CiNii Articles、新聞DB
  • プログラム概要:
    もうすぐ期末レポートの時期…。どんなテーマで、どんな風にレポートを書けばいいか、悩んでいませんか?
    テーマを決め、レポートの中心となる問いと答えを書くプロセスを体験しましょう!テーマに沿った文献の探し方も学べます。
    *なるべくPC・タブレット端末等をご持参願います。
  • 申込み:
    >所沢図書館開催プログラムの申請フォーム

DB (Database): データベース講習会 【高田早苗記念研究図書館主催】

 

オンライン図書館情報検索ワークショップ

Dates
  • 0625

    TUE
    2019

    0711

    THU
    2019

Place

中央図書館、早稲田キャンパス内教室、戸山キャンパス内教室、所沢図書館

Tags
Posted

Thu, 06 Jun 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる