Waseda University Library早稲田大学図書館

研究・論文作成に役立つ英語論文の探し方【Advanced】

目次※下記の目次から各パートにジャンプします。

1.はじめに

2.適した文献を選ぶ

3.論文の種類

4.引用情報から電子ジャーナルを探す

5.テーマから電子ジャーナルを探す

6.英語論文を探す:Web of Science

 

1.はじめに

本ページでは、主に大学院生の皆さんを対象に、英語論文を中心とした文献に関する知識と、その探索方法についてお伝えします。主に、社会科学系の論文を想定した内容ですが、ここで紹介する記事(論文)索引データベースはどの分野でもよく利用されています。また、英語論文の種別や構成、探し方は日本語論文でも使えるテクニックです。ぜひ、ご自身の研究にご活用ください。

 

2.適した文献を選ぶ

文献を探す際に必ず使用するウェブページとして、「学術情報検索」と「WINE」があります。ブックマークに追加しておくと便利です。

 

◎学術情報検索とWINE(関連ページ:「図書館の活用」の「3.WINEと学術情報検索」)

「学術情報検索」・・・早稲田大学が契約している研究に役立つデータベースを集めたWebサイトです。

早稲田大学図書館HP>資料の検索>「学術情報検索

 

「WINE」・・・学術資料の所蔵情報や入手方法を調べるために、早稲田大学図書館が提供するデータベースです。早稲田大学図書館が所蔵している資料(図書・雑誌など)と、その資料が図書館のどこに配架されているかを調べることができます。また、大学が契約している電子媒体も検索することができるため、紙媒体と電子媒体を一度に調べることができます。

早稲田大学図書館HP>資料の検索>「統合検索WINE

 

◎図書の種別と選別

図書といっても様々な種類があります。学術的な文章を作成するにあたって利用する図書は、大きく3つに分けることができます。

 

◎論文の作成段階に応じた文献の選び方

論文を書く際には、まず「大きなテーマを考え、そのテーマの背景や用語を理解する」、次いで「テーマを絞り、問いを立てる」、そして「実験・観察・調査などによって新たにデータを得る」という段階を経ることになります。

「大きなテーマの背景や用語を理解する」には、「入門書・概説書・事典・白書」が適しています。次に「テーマを絞り、問いを立てる」では、先行研究を調べる必要があります。そのためには「専門書」や「学術論文」を調査します。同様に「統計書・データ集」を参照して、既存のデータ・統計を調査する必要があります。

論文作成の過程では、図書と併せて、学術論文から必要な情報を入手することも重要です。

 

◎学術論文について

学術論文の多くは、通常の書店に並ぶ一般誌とは異なり、学会や研究機関の刊行する「学術雑誌」に掲載されます。英語のものを中心に「電子ジャーナル」として発行され、インターネットを通して本文を読むことができる雑誌も多くなっています。ですので、このページでは、英語の学術論文を電子ジャーナルで読む方法を中心にご紹介します。

ここで、図書と雑誌掲載の論文の違いについてまとめておきます。

スライド表置換

3.論文の種類

論文はさらに、「実証研究」「レビュー論文」「理論論文」「方法論論文」「ケーススタディ」の5つに区分することができます。1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

◎実証研究

「実証研究」は、オリジナルな研究結果を報告するものです。論文といった場合、この種のものを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。通常、以下に示したような形式で、論文の内容がセクション別に分かれていることが特徴です。

1.序文:研究着想の経緯、先行研究の紹介、研究の目的

2.方法:研究の方法について

3.結果:研究を通して発見したことと、その分析の報告

4.考察:結果の解釈、およびその意義について

 

◎レビュー論文

レビュー論文は主に先行研究を批判的に検討し、ある特定の研究分野について発表されている内容をまとめ、整理し、評価を与えることで、今後の問題解明に向けた研究全般の進展状況を明らかにするものです。特定の研究課題、問題に関して、きわめて実用的な情報を提供する論文となります。

1.特定のテーマを明らかにすること

2.先行研究の紹介、その分野研究の進行状況の提示

3.先行研究の整理(各研究の関連性、矛盾点、相違点、不整合など)

4.問題解決に向けた次の段階の提示

 

◎理論論文

理論論文は、先行研究を利用してさらに完成度の高い理論の構築を目指すもので、先行研究を利用するという点で、形式のうえではレビュー論文とよく似ています。

理論論文では、理論上の問題を発展させ新しい理論を提示するために、経験に基づく情報を提示することがある、という点で、レビュー論文とは異なっています。

1.理論の発展の跡をたどる(先行研究の整理)→現在の概念規定への批判

2.各理論の欠点や理論同士の優劣の議論(既存の理論=先行研究の分析)→既存の理論に対する批判

3.新しい理論の提示→新しい理論的課題、新しい概念規定、新しい理論枠組み

4.現在の理論的課題に対する回答

 

◎方法論論文

方法論論文は、既存の研究方法論の修正や、新たなデータ分析のアプローチなど新たな研究方法に関する議論を提示するもので、基本的にその分野に非常によく精通した研究者に対して提示するものとなっています。

その分野に関する初期の文献探索を行っている段階では、まだ参照することは少ない論文と言えます。

 

◎ケーススタディ

最後に、事例をとりあげて報告する「ケーススタディ」です。これは、ある特定の場、人物、団体などで、実際にある問題点に関する解決を試みる、ある理論の応用や実証を行ってみるなど、実践した事例を報告するものになります。

1.研究課題の決定、定義づけ(事例の整理・仮説)

2.対象の選択、データ収集やデータ分析方法の決定

3.データ収集

4.収集したデータの分析と評価

5.報告を作成(一般的な法則や理論の構築)

 

◎レビュー論文の活用

上の「論文の作成段階に応じた文献の選び方」で、論文の作成の流れについて説明しましたが、先行研究を調査するためには雑誌論文を探すことが大切です。そのためにはここまで説明してきた論文のなかでも、特にレビュー論文が役立ちます。レビュー論文はある分野やテーマについての研究動向を知るために先行研究を解説付きでまとめたもので、先行研究を調査する際に非常に有用なものです。主にレビュー論文を掲載する「レビュー誌」とよばれる種類の雑誌もあります。

 

◎序文における文献レビュー

レビュー論文以外の論文でも、特に実証研究の中では、先行研究の検証が行われます。論文が1)序文、2)方法、3)結果、4)考察と構成されるなか、主に序文のなかで、文献レビューが扱われます。特に博士論文にはしっかりした文献レビューが要求されますので、こういった論文を参照することで、先行研究調査にも役立ちます。

 

4.引用情報から電子ジャーナルを探す

ここでは、具体的な論文の探し方について説明します。まずは、読むべき論文・雑誌の情報がわかっている場合を考えてみましょう。

例えば、以下の文献はどのように探せばよいでしょうか?

Cheng, Suwina, “Did corporate governance safeguard investor interest in the global financial crisis? Evidence from Hong Kong SAR.”, Asia Pacific business review, Vol.21, Issue 4, 2015, pp.534-550

著者Cheng,Suwina 論文名“Did corporate governance safeguard investor interest in the global financial crisis? Evidence from Hong Kong SAR.”,雑誌名 Asia Pacific business review, Vol.21, Issue 4,出版年 2015,ページ数 pp.534-550

 

この書誌情報から、WINEで読みたい論文・記事を探す方法は、2つあります。

まずは、論文タイトルから「論文・記事検索」で探す方法です。

WINEの検索窓に、論文タイトルの「Did corporate governance safeguard investor interest in the global financial crisis? Evidence from Hong Kong SAR.」と入力します。すると、下に検索範囲の候補が出るので、「論文・記事検索」をクリックします。

検索結果に探している論文が表示されたら、タイトル部分をクリックしてください。

論文の詳細の情報が開きますが、この中に「オンラインで見る」という項目があり、早稲田大学で契約しているこの電子ジャーナル(『Asia Pacific business review』)が含まれているデータベースが表示されます。データベース名の下に表示される収録範囲を確認して、探している論文(Vol.21, Issue 4, 2015(巻号・出版年))が含まれているデータベースを選択してください。※自宅など学外から利用しているときは、ここで学外アクセスログインページが表示されますので、Waseda IDとパスワードを入力してログインしてください。(関連ページ:「図書館の活用」の「4.学外アクセス」参照)

すると、以後はその電子ジャーナルの論文・記事のページに飛びますので、探していた論文を読むことが出来ます。(データベースによって表示される画面は異なるので、そこから該当巻号・ページを探すことで、論文・記事のページにたどり着けるものもあります。)全文をPDFファイル等でダウンロードできるものもあります。

今回探していた論文はオンラインで全文閲覧が可能でしたが、注意したいのは、残念ながらWINEはすべての論文や記事の情報を網羅して収録しているわけではないので、WINEではヒットしないということもあり得ます。特に電子ジャーナルの契約がなく、紙媒体のみ所蔵している雑誌については、論文・記事の情報はヒットしないことが多いです。

読みたい論文・記事が見つからない時は、収録されているジャーナルのタイトルから、雑誌そのものを探すという手順に切り替えてみましょう。これが、WINEで読みたい論文・記事を探す2つめの方法です。

WINEの上のタブから「雑誌・電子ジャーナル検索」を選択して、探している論文の掲載ジャーナルタイトル「Asia Pacific business review」を入力して検索をしてみてください。「雑誌・電子ジャーナル検索」は読みたい雑誌名がはっきりとわかっているときに使います。

検索結果には、「オンラインで利用可」や、「商学研究図書室で利用可」(紙媒体)といった情報が表示されたと思います。

「オンラインで利用可」の表示は、オンラインで利用できる可能性のあるものに付いています。オンラインで閲覧する方法は、上で説明したように、雑誌の詳細画面の「オンラインで見る」からデータベースの収録範囲を確認して利用してください。

もし、必要な巻号が見つからない、あるいは雑誌そのものがヒットしない場合は、それは早稲田大学では紙媒体で所蔵していない、あるいは電子ジャーナルの契約がない雑誌だということになります。その場合は、慶應義塾大学の所蔵も含めて探すか、CiNii Booksなどを使って学外の資料の利用を検討することになります。

学外の資料の探し方・利用方法については、「図書館の活用」ページの「5.訪問利用と資料の取り寄せ」で紹介しています。関心のある方は、そちらをご覧ください。

 

5.テーマから電子ジャーナルを探す

さて、ここまでWINEで読みたい論文を探す手順を見てきました。ここからは読みたい特定の論文がはっきりしておらず、テーマ(キーワード)から論文や記事を検索する方法を説明します。

例えば「日本のコーポレートガバナンスについて、英語で書かれている先行研究を調査したい。」という場合、WINE検索窓に「Corporate governance」と入力して、検索範囲は「論文・記事検索」をクリックして探すといったことも可能です。

しかし、実際に検索してみるとわかるように、テーマ(キーワード)でWINEの論文・記事検索を探すと、非常に多くの件数(今回の場合100万件以上)がヒットしてしまいます。

このように、WINEではキーワードから論文や記事を探すこともできますが、非常に膨大な検索結果が表示されてしまうことがあります。一方で、検索できる論文・記事の範囲が限られていることから必要な情報を効率的に探せないときもあります。早稲田で利用できる環境の中ですぐ手軽に読める論文を探す時にはWINEでの調査が非常に有効ですが、WINEで探すことができる範囲の調査では研究・論文作成に必要な先行研究としては不十分な可能性もある、ということになります。

そこで、自分の関心のあるテーマ(キーワード)より、一から論文検索を行う場合は、WINEだけの検索にとどまらずに、論文単位にデータを収集した「記事(論文)索引データベース」を使うことをおすすめします。

 

記事(論文)索引データベースでは、より幅広く網羅的な検索ができながらも、比較的ノイズが少なく検索できることが特徴です。

また、論文や記事の種類、論文の引用回数や論文同士の引用関係と言った、研究上でのその論文の位置づけがわかるほか、掲載ジャーナル自体の評価など、様々な要素や指標から検索結果を効果的に絞り込むことができる機能が備わっています。

英語論文を探すための記事(論文)索引データベースは、大きく分けて、分野を横断的に検索できるデータベースと専門分野ごとのデータベースがあります。

分野を横断的に検索できる論文データベースとしてはWeb of ScienceとScopus が代表的です。

一方、特定の分野単位のデータベースは多数ありますが、多くはEBSCO hostやProQuestの2つのプラットフォームから利用することが可能です。

今回はWeb of Scienceを例に、データベースの使い方を説明します。

 

6.英語論文を探す:Web of Science

◎Web of Scienceの開き方

Web of Scienceは、冒頭で紹介した「学術情報検索」の「おすすめのデータベース」のプルダウンから「6.学術論文(海外):Web of Science」を選択し、表示をクリックして開きます。

 

Web of Scienceは、Clarivate Analytics社が提供する論文索引データベースで、自然科学、社会科学、人文科学分野と幅広く英語論文検索が可能で、図書館としてはもっとも基本と言えるものとして紹介しています。論文情報に加えて、その論文が引用している文献のリストも索引化しているのが特徴です。

 

◎検索方法

それでは、Web of Scienceの検索方法を見ていきます。

日本企業における米国型企業統治=Corporate Governanceについて書かれている論文を調べたい、と仮定しましょう。

※Clarivate Analytics社 Web of Science検索画面より

 

まずは単純に「corporate governance japan」と入力し、検索してみてください。

約430件の検索結果が表示されると思います。検索結果をよく見てみると、「corporate」「 governance」「japan」というそれぞれの語に関連した論文・記事が表示されていて、探しているテーマとは異なる論文も検索されていることがわかります。

 

●フレーズ検索・ワイルドカード(トランケーション)検索

そこで、今度は「”corporate governance” japan*」と入力し、検索してみてください。

“ダブルクォーテーションマーク[Shift + 2 ]で「corporate governance」を囲むことで、”corporate governance”というフレーズとして使われているものだけに限って検索することができます。このような検索をフレーズ検索と呼びます。

さらにjapanの後ろに*アスタリスク[Shift + : ]を付けると、japanの後ろが変化したjapaneseやjapanizeといった単語も含めて検索することができます。この*アスタリスクをワイルドカード、このような検索を前方一致(トランケーション)検索と呼びます。

すると、約460件の検索結果が表示されると思います。

 

◎検索結果の見方

※Clarivate Analytics社 Web of Science検索画面より

 

この画面が検索結果の一覧です。1つのデータごとに上から、青い文字の論文タイトル、論文著者名、掲載誌タイトル、巻号、ページ、発行年月日です。

●抄録

各データ下部にある「抄録を表示」をクリックすると、論文の内容を要約した抄録を読むことができます。(論文タイトルをクリックすると詳細画面に変わり、そこから抄録を読むこともできます。)抄録は必ずついているとは限らないのですが、抄録がついているものには目を通して、全体を読む必要がある論文かどうかを確認するようにしてください。

●被引用数

また、右側に「被引用数」という項目があります。これはそれぞれの論文が、Web of Science収録の他の論文に何回引用されたかを示しています。他の論文に数多く引用されている論文は、影響力の大きい論文と考えられますので、重要性を判断する材料になります。ただし、著者自身の別の論文で引用する例も考えられますので、絶対の基準ではありません。この数字がある時は数字がクリックできるようになっています。クリックすると、その論文を引用している論文の一覧と、それぞれのデータを見ることができます。したがって、引用関係をたどることで、キーワードだけでは探せない論文を探すことができます。

検索結果はデフォルトでは、発行日の新しい順に並んでいますが、上部の「並び替え」で、発行日の古い順・被引用数の多い順などに並べ替えることもできます。

 

◎検索結果の絞り込み

※Clarivate Analytics社 Web of Science検索画面より

 

画面左側の欄を使って検索結果を絞り込むこともできます。

「検索結果の絞り込み」欄にキーワードを追加検索することができます。キーワードだけでは他分野の論文が混じってしまうようなときには、その下の「Web of Scienceの分野」の項目で、分野を絞り込むことができます。「ドキュメントタイプ」の項目では、レビュー論文(REVIE)のみにチェックを入れて絞り込むといったこともできます。

 

◎本文を読む

読みたい論文が見つかったら、「Find Full Text」ボタンを押してみてください。WINEの当該論文の詳細画面に飛びますので、「オンラインで見る」に表示されるデータベースから電子媒体で本文を読むことが出来ます。

※Clarivate Analytics社 Web of Science検索画面より

 

早稲田大学は多数の電子ジャーナルを契約しているので、多くの場合、本文まで見られますが、もし見られない場合は、紙媒体の雑誌を探すようにしてください。早稲田大学に電子媒体でも紙媒体でもなく、他大学等で所蔵が確認できた場合は、訪問利用か資料の取り寄せ(ILL)*を検討してください。

*他大学等から該当論文のコピーを送ってもらうことができます。(関連ページ:「図書館の活用」の「5.訪問利用と資料の取り寄せ」参照)

 

◎検索結果の出力

※Clarivate Analytics社 Web of Science検索画面より

 

検索した結果は一時保存して、出力することができます。まず、必要なデータのチェックボックス(連番の左)にチェックを入れます。チェックしたら、右上の「マークリスト」をクリックしてください。

すると、マークリストの画面が表示されます。ステップ1、ステップ2で必要な指定を行い、ステップ3で「エクスポート」をクリックしてください。プルダウンから「Email」を選択すると、検索結果を好きなメールアドレスにメールすることができます。また、「RefWorks」を選択すると、早稲田大学が契約している文献管理ツールであるRefWorksに検索結果を保存したりすることができます。

RefWorksは以下からご利用ください。

早稲田大学図書館Webサイト>資料の検索>学術情報検索>RefWorks

 

◎各記事(論文)索引データベースに共通するテクニック

ここまで、Web of Scienceを例に、英語論文を探すデータベースの使い方を説明しました。Web of Scienceをはじめとして、以下はどのデータベースにも共通するテクニックとなりますので、使ってみてください。

  • フレーズ検索や前方一致検索を使いこなして効果的な検索を行う。
  • データごとに抄録(Abstract)がついていることが多いので、読んで自分に本当に必要な論文を選ぶ。
  • 被引用数を参考に、必要な論文を探す。
  • 条件を指定して(検索結果を絞り込んで)、効果的な検索を行う。
  • 出力機能を利用し、気になるデータは文献管理ツール(RefWorks等)に保存するなどして、検索結果を効率的に整理する。

 

ここで説明した内容を、ご自身の研究・論文執筆に役立てていただければ幸いです。実際に試してみると、探している資料がうまく見つからなかったり、データベースの使い方がわからなかったりすることもあると思います。そんなときは、ぜひレファレンスサービスを利用して図書館職員にご相談ください。

本ページで使用した画像は早稲田大学図書館、クラリベイト・アナリティクス社の許可を得て掲載したものです。図書館内あるいは図書館資料・データベースを許可なく撮影すること、インターネットへの掲載は厳禁です。またこれらの画像の無断転用を禁じます。

以上

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる