Gender and Sexuality Center早稲田大学 GSセンター

News

ニュース

『セクシュアルマイノリティ学生とアライのためのサポートガイド Ver.3』公開

本学では、2017年に「早稲田大学ダイバーシティ推進宣言」を行い、性的指向・性自認にかかわらず、各自の個性と能力を十分に発揮できる環境の整備を始め、同年4月に開設したGSセンターは、セクシュアルマイノリティはもちろん、広くジェンダー・セクシュアリティについての相談や支援、啓発イベント等を行っています。『セクシュアルマイノリティ学生とアライのためのサポートガイド Ver.3』は、セクシュアルマイノリティ学生が学生生活を送る上での支障が少しでもなくなることを期待し、GSセンターを中心とした本学の取り組み、対応を整理し、まとめたものです。

2018年3月に公開した『Ver.1』では、主に学内の相談フローの可視化や、トランスジェンダーの学生が困難を感じやすい氏名・性別情報の取り扱いとその管理に関すること、健康診断やセミナーハウスといった学生生活に関する現状について明らかにしました。しかし、これまでのGSセンターに寄せられた相談事例から、Ver.1で取り上げた項目以外でも大学生活や学修、キャリア形成で悩みを抱えていることが分かりました。

今回のVer.3までの更新の間に、教育実習等の学外実習や就職活動についての対応等、大学のサポート内容が拡充していくことで、本ガイドへの掲載内容もより充実したものとなってきました。また、Ver.1の時点で紹介してきた健康診断やセミナーハウスの利用方法についても、より細かい対応が検討・実施され始めたことで、内容の更新が行われています。今後も学内外の関係箇所・機関との連携を推進し、本学で行うサポートの範囲やレベルをより一層充実させてまいります。

早稲田大学GSセンターは、早稲田大学のセクシュアルマイノリティ学生およびその支援者のホームグラウンドであるとともに、ジェンダー・セクシュアリティに関心のある全ての人々が自由に利用できるフリースペースです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/gscenter/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる