Gender and Sexuality Center早稲田大学 GSセンター

Service

サービス

FAQ

FAQ

①個別相談(早大生とその学生に関わる教職員・保証人の方限定)

職員が事務室でお聞きします。ジェンダー・セクシュアリティに関することなら、どんなことでもOKです。詳細はこちら

②居場所として使う(誰でも使えます)

コミュニティスペースは使い方自由です。雑談、食事、勉強etc…利用者同士ゆずり合って使ってください。

③イベントへの参加

上映会、ランチ会、勉強会などGSセンターでは様々なイベントを開催しています。センターにあるホワイトボードやHP、SNSでチェックしてください。詳細はTOPページをご覧ください。

④豊富な本・雑誌・DVD、過去のGSセンターイベント動画、フリーPCを利用できます

書籍以外の雑誌、DVD、イベント映像はセンター内でのご利用をお願いしています。書籍の貸し出し/DVD視聴をご希望の場合は、スタッフにお声掛けください。なお、雑誌やDVDの貸し出しはできません。

  • 図書・DVD

DVDはフリーPCで視聴することができます。図書の貸出は最大3冊まで、2週間が期限です。DVDと雑誌は貸し出すことができません。

  • フリーPC

調べものやDVDの視聴に使ってください。スタッフが業務のために使うこともあります。

  • キッチン

電子レンジ・冷蔵庫・給湯器・食器・ふきん・ティーバッグ各種が備え付けてあり、自由に使えます。「セルフサービス・原状復帰」が原則です。

悩みの有無や性のあり方に関わらず利用できます。個別相談を受けられるのは在学生(と周囲の方)だけですが、教職員や一般の方もイベントに参加したり、図書を閲覧することができます。

セクシュアリティ問わず誰でも来室できるセンターなので、「来室=カミングアウト」にはなりません。1人で静かに過ごしたい時は、私語禁止の図書利用スペースがおすすめです。来室に不安がある場合には、メールや電話にてお問い合わせください。

来室者の本名や住所、ジェンダー・セクシュアリティ等の個人情報は個別相談を除いて収集いたしません。個別相談における個人情報の収集・利用は、大学規則等に従い、利用学生の不利益にならないように慎重に取り扱います。

2020年度後期は英語・韓国語が話せる学生スタッフ及び職員がいるので、以下の曜日にて対応が可能です(詳しくは下部のスタッフシフトで確認をして下さい)。個別相談やイベント参加は事前に連絡があるとスムーズです。

ジェンダー・セクシュアリティに関することならどんなことでも結構です。保健センター学生相談室やハラスメント防止室とも必要に応じて連携しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/gscenter/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる