Gender and Sexuality Center早稲田大学 GSセンター

How to use and support

利用・相談について

ご利用案内

GS センターとは?

様々なジェンダー・セクシュアリティの在り方について学び、情報を得たり、相談をしたりする目的で設置されたスペースです。

学内の学生や教職員はもちろん、学外の一般の方もご利用頂けます(※一部利用できないサービスがあります)。

開室情報

早稲田キャンパス 10号館2階213
月~金 9:00 – 17:00
▼会議等のために、一時的に閉室する場合があります。原則Twitterで当日の開室時間をお知らせします。
@gs_waseda

センター案内図

何ができるの?

個別相談(在学生とその学生に関わる教職員・保証人の方限定)

職員が事務室でお聞きします。ジェンダー・セクシュアリティに関することなら、どんなことでもOKです。

居場所として使う(誰でも使えます)

コミュニティスペースは使い方自由です。雑談、食事、勉強etc…利用者同士ゆずり合って使ってください。

イベントへの参加

上映会、ランチ会、勉強会などGSセンターでは様々なイベントを開催しています。ホワイトボードやHP、SNSでチェックしてください。

豊富な本・雑誌・DVD、フリーPCもあります

センター内でのご利用を推奨しています。書籍の貸し出し/DVD視聴をご希望の場合は、スタッフにお声掛けください。なお、雑誌の貸し出しはできません。

設備について

図書・DVD

DVDはフリーPCで視聴することができます。図書の貸出は最大3冊まで、1週間が期限です。DVDと雑誌は貸し出すことができません。

フリーPC

調べものやDVDの視聴に使ってください。スタッフが業務のために使うこともあります。

キッチン

電子レンジ・冷蔵庫・給湯器・食器・ふきん・ティーバッグ各種が備え付けてあり、自由に使えます。
「セルフサービス・原状復帰」が原則です。

よくある質問

誰でも利用できるんですか?

悩みの有無や性のあり方に関わらず利用できます。個別相談を受け付けられるのは在学生(と周囲の方)だけですが、教職員や一般の方もイベントに参加したり、図書を閲覧したりできます。

GSセンターに来たらセクシュアリティが周囲にバレませんか?

セクシュアリティ問わず誰でも来れる部屋なので、来室=カミングアウトとはなりません。他の利用者と話したくない時は、私語禁止の図書利用スペースがおすすめです。来室に不安がある場合にはメールや電話での問い合わせも受け付けています。

プライバシーが守られるか心配です。

来室者の本名や住所、ジェンダー・セクシュアリティ等の個人情報は個別相談を除いて収集致しません。個別相談における個人情報の収集・利用は、大学規則等に従い、利用学生の不利益にならないように慎重に取り扱います。

英語しか話せない友達を連れて来ても良いですか?

2019年度は英語・中国語・韓国語が話せる学生スタッフ及び職員がいるので、以下の曜日にて対応が可能です(詳しくは下部のスタッフシフトで確認をして下さい)。個別相談やイベント参加は事前に連絡があるとスムーズです。

どんな相談を受け付けてくれますか?

ジェンダー・セクシュアリティに関することならどんなことでも結構です。保健センター学生相談室やハラスメント防止室とも必要に応じて連携しています。

個別相談の流れ

ジェンダー・セクシュアリティに関することならどんなことでも結構です。

(例) 「女性・男性らしさ」「○○らしさ」に違和感がある、性的指向にまつわる人間関係のことで悩みがある、LGBTに関心があり何か自分にできることをしたい、ジェンダー・セクシュアリティ関連のレポートにコメントが欲しい、など

以下のフォームよりお申込み下さい。

GSセンター個別相談申込フォーム(Mywasedaのサイトに移動します)

ハラスメントやカウンセリングなどの相談について、より専門的に相談をする際の橋渡しも行っています。

専門家に相談したい時の相談窓口(プライバシーに配慮し、相談窓口は別の場所に設けています。)

  1. 保健センター 学生相談室
    臨床心理士が保健センター学生相談室にて対応しています。
  2. ハラスメント防止室
    ハラスメント防止室への相談(手紙、電話、Fax、E-mail)は匿名でもかまいません。まずは匿名でシステムの詳しい説明をきき、決心がついたら本格的な相談に入るという進め方もできます。

相談対応職員(GSセンター専門職員)

相談フロー

  1. GSセンター個別相談受付フォーム に相談の予約を行う。
  2. センターに入り、学生スタッフから「受付表」をもらう
  3. 「受付表」に記載のある、「3.職員への相談」にチェック
  4. 受付表を学生スタッフに渡すと、職員が相談可能なブースに案内
  5. 相談実施(情報提供・合意のもと学内連携など)
  6. 相談が30分を超える場合や、継続的な支援が必要な場合、再度日程調整を行う。

※当日来室による相談の場合、緊急対応を除き、10分ほどお話をお伺いした上で、相談スケジュールを調整しに再度来室していただきますのでご了承ください。

スタッフシフト(2019年秋学期)

秋学期のシフト表です。(開室情報・変更等についてはtwitter等でご確認ください)

学生スタッフ

早稲田大学GSセンターは、早稲田大学のセクシュアルマイノリティ学生およびその支援者のホームグラウンドであるとともに、ジェンダー・セクシュアリティに関心のある全ての人々が自由に利用できるフリースペースです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/gscenter/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる