Center for Japanese Language早稲田大学 日本語教育研究センター

For Current Students

在学生の方へ

Japanese Language Learning Portfolios

日本語学習ポートフォリオ

早稲田大学日本語教育研究センター(CJL)は、日本語を通じて自己実現を目指すあなたをサポートします。CJLの教員やスタッフは、日本語を獲得するための多種多様な授業、サービス、学習リソースを提供しますが、あなたの学習にとってはただのサポーターに過ぎません。なぜなら、あなたにどんな日本語が必要なのか分かるのはあなただけですし、実際に日本語学習に取り組むのはあなた自身だからです。つまり、CJLのカリキュラム・ポリシーで謳われているように、あなたには自分自身の学習を自己管理することが求められているのです。学習の主体的な自己管理こそが、日本語を習得するための最善策です。

日本語学習ポートフォリオは以下からダウンロードすることが可能です。

「日本語学習ポートフォリオ」とその使い方

この「日本語学習ポートフォリオ」は、学習の自己管理を容易かつ効果的に進めるための補助ツールです。まず、あなたがあなた自身のことをよく考え、よく知ること、すなわち、自らの現状分析からスタートします。何故あなたは日本語を学ぶのか、日本語を使って何ができるようになることが目的なのかよく考え、その目的を達成するために一学期/一か月/一週間でどんなことができるのか具体的な学習計画をたてて実行し、後に振り返りを行いましょう。今の自分の持つ日本語力を確認して、得意なスキルを一層伸ばし、苦手なスキルを補うために、どんな学習が必要かつ有効なのか検討しましょう。

あなたに相応しい学習を実現するためには、どんな授業を選べばよいのでしょうか? どのような科目を組み合わせればいいのでしょうか? 日本語を学ぶのは教室の中だけではなく、マンガやカラオケで楽しみながら日本語力を伸ばすこともできます。どのような教室外活動を行うことが、広い意味の日本語力を身につけるのに有益でしょうか?

いつ、どこで、誰と、何を使って、どんなペースで日本語を学ぶのがあなたにとって一番良いのか知るためには、このポートフォリオの中のカレンダーに教室内外の学習を記録し、定期的に振り返ることが役立ちます。プレイスメント・テストのスコアシートや授業のクイズ、作文、気になる表現を書き留めたメモなどをポートフォリオにファイルしておくことも記録の一部になります。学習の記録と振り返りは、あなたに必要な学習ストラテジーを見つける手掛かりを提供し、学習の習慣化を促進してくれるでしょう。

わせだ日本語サポート

あなたが学習の自己管理をした経験のない場合は、このポートフォリオを持って、「わせだ日本語サポート」を訪問してください。スタッフが、あなたの学習がうまくいくように相談に乗ってくれたり、学習リソースやサービスの情報を教えてくれたりします。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cjl/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる