Center for Japanese Language早稲田大学 日本語教育研究センター

About CJL

日本語教育研究センターについて

Student's Voice

学生の声

CJL日本語教育プログラム修了生の声

CJL日本語教育プログラム修了生 許 孟慈 さん(出身国:台湾)

私は、台湾の大学では美術を専攻していて、大学卒業後は台湾の芸術関係の基金のような機関で、展覧会や講座を開催する仕事をしていました。当時、少ししか日本語が話せなかったんですが、日本の専門家の先生方が台湾にいらして応対する機会があって、その時に本当に日本語をちゃんと勉強したいと思いました。他にも日本語ができなくて悔しく思うことが多くありました。例えば、上司から日本の会社に電話をかけるように言われても、電話応対が全然できなかったので、「お世話になっております」の意味もわからなくて敬語の意味をネットで調べていました。だから、自分の日本語能力が足りないことが本当に悔しくて、日本で日本語を本格的に勉強したいと思ったのが留学のきっかけでした。

CJLのホームページを見て、1週間に約600も日本語クラスがあることや、科目が自分で選択できて自分なりのスケジュールを作ることができるというのを知って入学を希望しました。それにCJLの授業は、「総合日本語」のように基礎的な日本語能力を伸ばす授業だけではなくて、「テーマ科目」には文化とか実用的なアカデミック日本語の授業など、いろいろなテーマを持った授業があります。例えば、就職の授業では面接とか、自己PRとか、コミュニケーション能力を身に付けることもできます。そして、授業を受けるだけでなく、早稲田大学の学生として図書館などの施設を使えたり、日本人の学生との交流ができたり、日本語以外の授業も履修できる点も魅力的に感じました。

私は日本に来る前から「日本の大学院への進学」「日本での就職」「日本語能力試験のN1合格」を将来の目標としていました。だから、CJLではその目標や自分のレベルに合わせて日本語科目を選びました。例えば、私のJ-CATの合計点は4-5レベルでしたが、敬語は今まで学んだことがなかったので低い2-3レベルの科目から選びました。日本の文化も体験したかったので、文化面の知識を勉強したり、体験できるような授業を取りました。就職のためには、例えば、面接やメールの書き方のクラス、大学院進学のためには研究計画書の書き方や講義理解などアカデミックな日本語を学べるクラスを取りました。それに、日本語と文法が少し似ているところがあるので、韓国語の授業もとりました。

私はもともと社会人の経験があったし、やりたいことが明確でしたから、このように目標に合わせて科目が履修できるCJLのやり方は自分に合っていたと思います。

許さんの時間割(2016年秋学期)

図 キョさん スケジュール

授業に独創性、オリジナリティがあること、それに選択肢がたくさんあることがCJLの一番の魅力だと思います。例えば、「創作ライティングを学ぶ5-6」の授業は楽しかったし、「日本の良さを知る:「伝統文化を学ぼう!」実践編4」の授業も日本文化を体験できる貴重な機会になりました。他に専門的な授業、研究計画書を書くクラスとか「メール・手紙を書こう5-7」のクラス、今学期は「中級からのアカデミック・リスニング4-5」の科目も勉強になりました。私は将来、大学院に入りたいので、大学院の先生が話すことが分からないかもしれないとちょっと悩んでいたんですが、この授業では講義を聞いた後、みんなとディスカッションして発表する必要があって、本当に日本の大学のゼミみたいで、私にとって、大学院に入る前の訓練みたいな授業だったと思います。他にも、「ニュースと映画・ドラマで学ぶ日本語4-5」では、ニュースの話し方と普段の日本人の話す言葉を比べたり、「会話の発音5」のクラスでも日本語の発音について専門的に学べていろいろ勉強になりました。

今学期でCJLの日本語プログラムを終えますが、授業が本当に楽しかったです。でも、まだまだやりたいことや勉強したいことがたくさんあって、自分の時間が足りないのが、ちょっと悔しいです。

早稲田大学では、日本語教育研究センターだけではなくて、他にライティングセンターやキャリアセンターなど学生が利用できる機関があります。私もライティングセンターに行って自分が書いた文章についてのアドバイスをもらいました。就職の相談ができるキャリアセンターにも就職関連の日本語科目の活動で行ったことがあります。それから、日本語教育研究センターの中には「わせだ日本語サポート」があって、日本語の文法がわからないときに相談に行きました。ここは学習の仕方についてアドバイスしてくれるので、このような施設があるのはいいと思います。

早稲田のCJLにはたくさんの日本語科目があって、自分で選択できますが、実際に自分のタイムマネジメントがあまりできない人は来日してから困るのではないかなと思います。

語学学校だと、平日は毎日朝から昼の時間は授業を受けて、午後は自由時間でアルバイトに行ったりする人も多いのではないでしょうか。でも、私は授業を受けたり、会話練習をするだけではなく、自分自身の時間を運用するのも大事だと思うんです。だから、今学期は時間をマネジメントしたいと思ったので、集中して週の前半に日本語科目を取りました。他の時間は自分の研究計画書を書いたり、宿題や勉強の時間として使っています。一週間の授業のスケジュール表も自分で毎学期作りました。

入学する前に、自分の本当にやりたいこと、そして、自分がどうして日本に来たのかという理由を整理しておくといいと思います。目的が分かっているなら、授業を取ったときにやりがいがあります。進学とか、会話能力とか、試験とか日本の文化を体験したいとか、自分のやりたいことが分かっていれば、CJLのたくさんの選択肢の中で、きっと自分に合ったクラスが見つかると思います。

そして、そういうクラスを見つけるために、学期最初の授業のオリエンテーションはとても重要です。毎学期、最初の週に月曜日から金曜日まで興味のある授業のオリエンテーションを全部受けて、それから取りたい授業を自分が納得した上で決めることがとても大切だと思いますね。

日本に来てから大学院受験の準備を進めていましたが、先日、以前から入学を希望していた都内大学院のデザイン系研究科に合格しました。つまり、来春は日本に来る前からの目標の一つだった日本の大学院の正規生になります。

夢が叶ってとても嬉しく思っています。

今後の目標は、これから大学院で学ぶ知識と実践力を生かし、また、語学力を発揮して、将来は国際的な人材としてクリエティブ産業で活躍したいと考えています。

交換留学生の声

交換留学生 イルディス ヒラール さん(出身国:ドイツ)

ドイツの大学では日本学を専攻していますが、交換留学先の大学を選ぶときに、ドイツの先生に「授業も多いし、たくさん勉強したいなら早稲田がお薦めだよ」と言われたので早稲田大学に決めました。日本語教育研究センターでは、日本語を総合的に学べる総合日本語とテーマ科目がありますが、ドイツの大学では総合日本語と同じような授業はあるので、早稲田大学ではドイツの大学にはないようなテーマ科目をたくさん取りたいと思いました。

日本語を勉強し始めた時は、日本語という言語が好きなだけでしたが、今は将来日本に住みたいと思っています。まずはドイツに帰って大学を卒業して、それから日本の大学院への進学を希望しています。だから、先学期は、「論理的な文章表現:レポートを書こう!」や、「相手に伝わる文章表現を磨く」のクラスを選びました。今学期も研究計画書の授業を取りました。

でも、レポートや議論などのクラスは実際に役に立ちますが、このようなアカデミック日本語のクラスだけを履修すると大変ですから、自分が興味のある文化的なクラスも履修しました。例えば「日本の歌‐わらべ歌から歌曲まで‐」のクラスは、将来日本に住むなら日本の歌を知っておきたいと思って選びました。また、宮崎駿はドイツでも有名ですし私も好きなので「映像で学ぶ日本語―宮崎駿、ジブリの世界」のクラスを取りました。あと、自分で何かを創造することも好きなので、「創作ライティングを学ぶ」や「演劇プロジェクト」も履修しました。「演劇プロジェクト」は本当にゼロから脚本を作ってストーリーや言葉を考えて、みんなで演じるだけでなく、照明の係なども留学生が全部やります。週に2回、そのうち1回は5限から6限までの授業でしたが、それでも皆とディスカッションしているうちに熱中して時間が延びてしまったことが結構ありました。実際に演じることになったときも毎日練習があったので大変でしたが、自分の国の大学にはないような授業でとても楽しかったです。

イルディスさんの時間割(2016年秋学期)

Student_voice_Schedule2

勉強するために日本に来ていますし、たくさんやることがあるのは、とてもいいことだと思いますが、早稲田では一学期に14の違うテーマ科目等を取ったので、たくさんの色々なことを同時にやるのがちょっと大変だったなと思います。ドイツでは週に5科目とか6科目だけを履修することが多いので特にそう感じたのだと思います。

でも、やっぱり勉強するために来日しましたし、学部の授業も4単位(2科目)取れますから、先学期はオープン科目の「Language and Society」の授業を取りました。私の副専攻がドイツ言語学なので向こうの大学でも使えるし、大学院でも言語学をやりたいなと思っていますから。今学期はスポーツのエアロビックと弓道の授業を履修の費用を少し支払って取っています。特に弓道などはドイツには専門の先生がいなくて日本の文化はなかなか学べませんから履修したいと思いました。

日本でしかできないことをやりたかったので、今学期はサークルに入って、お琴をしていました。早稲田は本当に選択肢がたくさんあるので、多分、留学生はみんな好きなことを見つけられると思います。授業と同じようにサークルにも選択肢がたくさんあるから選ぶのは大変な面もあるけど、楽しいです。忙しくて週2~3回ぐらいしか練習する時間がなかったのですが、サークルのみんなはとても優しいし、先生もとてもいい先生なので、前よりかなり上手になったと思います。20人くらいのサークルで留学生は私ともう一人いますが、外国人として特別に扱われることもなく一緒に活動できてよかったです。

初めて日本に来たら旅行や色々なことをしたいと思うでしょうが、やっぱり私たちは留学生ですし、授業がある間は授業に集中したほうがいいと思います。早稲田にはたくさんの授業の選択肢があって、こういうふうに選べる機会は貴重ですから。だから、旅行したり楽しんだりするのは休みの日にしたほうがいいと思いますね。

科目を選ぶ時は、分厚いシラバスの本を、全体のオリエンテーション(個別相談会)の日にもらってしっかり読んで選んでください。それぞれの授業のオリエンテーションも大事ですから、最初に必ず出席して自分に合うかどうか判断して決めたほうがいいですね。

日本語科目を履修した早稲田大学学部卒業生の声

国際教養学部卒業生 メタチャルノン チャナカン さん(出身国:タイ)

早稲田は多様性にあふれた大学ですし、日本にいてもインターナショナルな環境で留学して、英語と日本語、タイ語の3ヶ国語ができれば、帰国するときに就職活動で武器になるし、人として成長も速いのではと思っていました。でも、早稲田に入ったときはそこまで日本語ができなかったので、日本語を上達させることは1年生と2年生の時の目標でした。その時に身に付けた日本語スキルは国際教養学部の本科目の授業で役に立ったし、さらに日本語が上達して、結果として今の仕事でも生かせていると思います。

早稲田の副専攻科目のメディアの授業で映画に興味を持ったことがきっかけで、2年生のときに日本語教育研究センターの「演劇プロジェクト5-8」の授業をとりました。この授業は学生が一つの演劇を作り上げるんです。学生が書いた台本で演技をする。学期の最後に実際の演劇の舞台に立って、満員のお客さんの前で公演をします。僕はこのクラスで助監督として演出をしたり少し演技指導をしたりしていました。台本班にも入っていて台本について提案もしましたが、そういう30人もいた授業で一つの演劇を作り上げるのには、結構コミュニケーション能力を身につける必要がありましたね。僕は最初、結構気が強くて「もう!ちょっと聞いて!」みたいな感じで主張していたけど、自分の意見だけでなく人の意見も聞いて一つの作品を作る。この授業を通して、こういった仕事にはただ言語能力だけじゃなくてチームワークがどれだけ大事なのかを知りました。最終公演はとても緊張してうまくできるのかなと思っていたけど、お客さんに結構楽しく見ていただいたので、やっぱり満足感はありました。

チャナカンさんが履修した日本語科目 (一部)

日本語科目「総合日本語6」
日本語科目「演劇プロジェクト5-8 」
副専攻科目「ジャーナリズム演習」
副専攻科目「映像制作実習」 など

昔、自分の意見を言ってもあまり受け入れてもらえないことが、怖いと思っていた時期もあったんです。でも、「総合日本語」のディスカッションの授業で、自分が言いたいことをクラスメートや先生が受け入れてくれて「こういう考え方もありますよ」と言ってくれて。人の意見も気持ちも、受け入れてから意見を言う。そういう協調性の大事さ、大切さを学びました。

テーマ科目でも意見を交換するクラスを取っていたんですけど、週に4時間半の授業でずっとグループになって、自分のテーマを決めて意見を人と共有して話し合って、6000字を学期の最後に書くんです。人からの反対意見があるから、新しい考えが生まれてくる。そうして気付いたことも書く、ということを繰り返していました。それで、自分の考えが途中で変わったりしましたね。「こうしなければいけない」と思い込んでいたことに「そうじゃないですよ」「どうしてそう思うの?」と言ってくれた人もいたし。僕は頭の固い人間でしたけど、この授業を取ってそういう頭の固さがいい意味でちょっと柔らかくなりました。

作文でも演劇でも映像でも、何かを作り上げるときに「自分はこうしたい」というアイデアから始まると思うんですけど、でも、自分の意見も言いつつ、周りの意見を受け入れないと駄目だし。そういう意味で、日本語教育研究センターの授業で日本語だけでなくコミュニケーション能力の大切さに気付けたことは大きかったです。

今、仕事で先輩のサポートをしていますけれど、自分がいつか責任者として制作を担当することができたら、クライアントやクリエイティブの方々の意図を汲み取り、スタッフに指示をすることが重要になります。そのためにも、人の意見や気持ちを意識しながらも、仕事が回るように配慮や調整をしていけるようになりたいです。そうやって、授業で学んだことを仕事に生かしていきたいと思っています。

今のように、映像に関わる仕事をしたいと思い始めたのは4年生のときでした。映画監督の是枝先生が早稲田で担当している副専攻科目「映像制作実習」の面接選考に合格して履修できたんです。その授業では、映画の企画書についてのプレゼンテーションがあって、その時に日本語科目の「演劇プロジェクト」で学んだこと、始まりがあって、背景があって、どういう展開があって、こういう結果になったという“物語を伝える構成”が生かせたなと思っています。

あと、この授業は1グループに、監督、照明、撮影、録音などのスタッフ8名くらいで映画を制作するんですが、例えば、制作側と演出側で撮影したいことに制約があったりして、意見がぶつかったときに「何とか、ならないかな」みたいな交渉をするんです。それから、予算内でレンタカー借りたり、撮影に必要な場所を準備したりして。今の仕事も撮影がスムースに進むように準備や交渉をしているので、この授業は本当にいい経験になりました。

参考:早稲田ウィークリー
潜入ルポ「誰も知らない“是枝先生”」 世界的映画監督から学ぶ、物の見方・考え方. 是枝監督はなぜ“先生”になったのか?

 

ちょうど「映像制作実習」の授業を取っているとき、私は就職活動中でした。最初は映画の配給会社や広告会社への就職を考えていたのですが、仕事内容が自分に合っているか不安だったんです。その時に、就職サポートをしてくれるキャリアセンターに行ったら「グローバルに事業展開している映像制作会社がある」と、今の会社を紹介してもらいました。ちょうど、是枝先生の映画制作の授業では、演出以外にも制作的な仕事を経験して楽しくなっていた時期でしたので、今の会社に応募しました。

将来の夢は、国や地域に縛られず、どこでも誰とでも仕事ができるようなプロデューサーとかディレクターになりたいと思っています。早稲田で学んだコミュニケーションや専門的な知識を生かして、将来、そういう人物になれたらいいなという目標です。

私は、早稲田に入らなかったら、演劇の授業も取ることはなかったし、映像に興味を持つこともなかったと思います。そういう授業があったから自分の視野が広がって、いろんな新しい、今まで見えていなかった選択肢が見えてきたということもありました。だから、これから早稲田に入って勉強する人には、「早稲田でいろんなことを試してください」というメッセージを送りたいです。私は18歳とか19歳の時にはまだやりたいことが見つかってなかったんですけど、早稲田でそれが見つけられて今の仕事に就けたのは、すごく嬉しく思っています。でも、もし私が1年生のときに色々なサークルに入ったり、幅広い授業を取ってたら、もっと世界が広がっていったのではないかなとも思います。日本語の授業も「テーマ科目」は、自分のやりたいことを学びながら日本語を学べる点がすごいメリットだと思うので、ぜひ色々な科目を取って日本語を上達させていってください。

CJL短期日本語集中プログラム修了生の声

CJL短期日本語集中プログラム夏コース修了生
ホー グァン シエン ベンジャミン さん(出身国:シンガポール)

早稲田大学の短期日本語集中プログラムのことは、出身大学の南洋工科大学の事務所に勧めてもらって知りました。

いろいろな日本の大学の中で早稲田大学に短期留学を決めた理由は、まず、子供のころから名前を知っていた有名な大学だったからです。それから、様々な国の学生が集まる国際的な大学で、早稲田大学に留学経験がある先輩たちや、早稲田大学の日本人の友人からもよい評判を聞いていたということもあります。それに、7歳から習っている合気道ができるからという理由もあります。今回参加したCJLの短期日本語集中プログラムは6週間という短い期間でしたが、合気道会に入りました。

今回、私は総合日本語(短期)4というレベルで勉強しました。これは、出身の南洋工科大学の日本語コースでは、いちばん上のレベル7ぐらいだと思います。

今、クラスで学習している文法と新しい語彙は、日本語能力試験対策にも役立つと思います。今年の7月に日本語能力試験N1を受けましたが、このコースで習った文法が出題されていて、文字・語彙と文法のセクションで高得点を取ることができました。結果的に、今回N1に合格できました。実は昨年もN1を受験したのですが、その時は合格できませんでした。今回合格できたのは、CJLの短期集中日本語プログラムのおかげだと思います。

それから、クラスサイズがグループ活動をするのにとてもいいと思います。今のクラスには14人の学生がいますが、グループ活動のときは小さなグループになってクラスメートと仲良く話せますし、活発にディスカッションができています。今では、みんな仲良く話せて、お互いに協力しながら日本語を勉強できています。

それから、グループ活動以外にも、いつも先生や友達と会話練習をする機会があるので、会話も上手になったと思います。

このプログラムは、日本語の勉強に有益なだけではなく、ほかのこともたくさん体験して学ぶことができます。例えば、私が合気道会に入ったように、早稲田大学には短期間でも参加できるサークルがあるので、日本の大学生のような生活が体験できます。

それから、早稲田大学には異文化交流センター(Intercultural Communication Center)という部署があって、いろいろな活動を企画してくれています。例えば、納涼船という企画では、友達と浴衣を着て屋形船に乗ります。そのほかに、花火大会などもあって、友達といっしょに日本文化を体験することができます。

それから、たくさんの日本人やほかの国の友達も作れます。私は台湾、香港、タイなど様々な国や地域出身の友達をたくさん作りました。将来、他の国へ行ったり、仕事をしたりするときなどにも、このプログラムで知り合ったクラスメートとのネットワークが役に立つと思うので、このプログラムをお勧めしたいです。

今回のCJLの短期日本語集中プログラムが終了して、シンガポールに帰国すると2年生になります。私の専攻はルネッサンス・エンジニアリングという、工学とビジネスの複合領域です。大学卒業後、何をするかは、まだはっきり決めていませんが、このプログラムで日本語を勉強したことで、機会があれば、日本で仕事をするのもいいかもしれないと思うようになりました。将来は新しい技術を使った商品を開発して、自分の会社を作って製品やサービスを日本に提供する、そんな可能性もあるかもしれないと思っています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cjl/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる