Center for International Education早稲田大学 留学センター

News

ニュース

【クリントン元米国大統領、ケネディ駐日米国大使 来場!】3月18日JFKシンポジウム

戦後70年を迎えるにあたり、本学は米国ジョン・F・ケネディ・ライブラリ財団と共催で 「引き継がれるケネディ大統領のトーチ~今日に至るその遺産~」 と題したシンポジウムを開催します。

本シンポジウムには基調講演者としてビル・クリントン元米国大統領、特別講演者として キャロライン・ケネディ駐日米国大使、その他日米の政治家をお迎えする予定です。
この機会に是非、奮ってご参加ください。

  • 日時
    2015年3月18日(水) 15:00-19:00
  • 開場時間
    未定(プログラム開始の約2-2.5時間前の予定です)
    ※セキュリティ上、「途中入場」「(一旦退出した後の)再入場」はいずれも不可とします。
  • 場所
    早稲田大学 大隈講堂
  • 対象
    本学学生・教職員ならびに特別招待者 言語:英語(同時通訳あり)
  • プログラム
    第一部 15:00-16:30
    ・特別講演 キャロライン・ケネディ駐日米国大使
    ・ショートビデオ上映
    ・パネルディスカッション1「ニューフロンティア」~科学とイノベーション~
    ケネディ大統領政権下に始まった、宇宙開発計画などの科学・技術への貢献について討議します。
    [パネリスト]
    チャールズ・ボールデン(米国NASA長官、宇宙飛行士)
    ティモシー・シュライバー(スペシャルオリンピックス会長)(調整中)
    樋口 清司(国際宇宙航行連盟<IAF>会長、宇宙航空研究開発機構<JAXA>副理事長)
    大島 まり(東京大学大学院情報学環及び生産技術研究所教授)
    若田 光一(宇宙飛行士)(調整中)
    [モデレーター]
    米倉誠一郎(一橋大学イノベーション研究センター教授、プレトリア大学GIBS日本研究センター所長)
    第二部 17:00-19:00
    ・パネルディスカッション2「平和戦略」~危機時の外交、核不拡散~  現在、世界のリーダーたちが直面している課題や、JFKの遺産がいかに今を生きる我々の思考に 影響しているか について考察します。
    [パネリスト]
    グレアム・アリソン(ハーバード大学教授、レーガン政権国防長官付特別顧問、クリントン政権政策・計画担当国防次官補)
    クリス・ドッド(前米国連邦上院議員、前平和部隊ボランティア)
    久保 文明(東京大学法学部・法学政治研究科教授)
    村田 晃嗣(同志社大学学長、法学部教授)
    篠原 初枝(早稲田大学アジア太平洋研究科教授)
    [モデレーター]
    クリス・マシューズ(米国政治評論家、『JACK KENNEDY Elusive Hero』著者)
    ・米国側基調講演
    ビル・クリントン第42代米国大統領 ・日本側基調講演 (調整中)

本シンポジウムへの参加登録はWaseda-netポータルの申請フォームより行ってください。 【2月3日(火)17:00まで】 応募者多数の場合は抽選を行います。2月20日(金)までに応募者全員に参加の可否をメールにて通知します。 なお、参加登録にあたって収集した個人情報は、本シンポジウムの運用目的以外には使用しませんが、 警備上の観点から、必要に応じて警察に提供する場合があります。 また、当日はTVカメラでの撮影およびライブストリーム中継の予定があり、客席も撮影・配信される 可能性がありますので、予めご了承ください。 なお、登録の際に許諾をいただいた方については、ジョン・F・ケネディ・ライブラリのニュースレター配信用に Eメールアドレスの提供を行います。 【問合せ先】 国際部国際課 E-mail: [email protected]

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cie/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる