Center for International Education早稲田大学 留学センター

News

ニュース

Waseda Summer Session 2017 Student Intern (SI) 募集のお知らせ

留学センターではWaseda Summer Sessionの運営に積極的に携わって頂ける学生スタッフ(Student Intern)を募集します。国際交流に興味のある方、イベント企画・運営が得意な方、細かな事務作業を厭わない方、プログラムを一緒に作り上げていきましょう。

1. Waseda Summer Sessionとは
本学は、クォーター制度を活用して2014年よりWaseda Summer Sessionを開始しました。本プログラムは日本に興味のある海外協定校等の外国人留学生、留学先から帰国した本学の正規生によって構成され、夏クォーター期間(6月~7月)に授業やフィールドトリップを実施するものです。2016年度は14の国・地域、60を超える大学から約140名の海外学生がSummer Sessionで学びました。詳細はこちらをご参照ください。

2. 業務内容
・成田空港への学生出迎え、宿泊先への案内、初日の登校サポート
・オリエンテーションでの早稲田大学の紹介
・キャンパスツアー
・課外活動(SI主催ウェルカムイベントなどプログラム期間中、1,2回のイベント)の企画・運営
・授業運営サポート全般
・フィールドトリップ(日光1泊2日)のオリエンテーション実施、学生引率
・フェアウェルパーティーでの催し物企画
・プログラム運営スタッフの補助業務

3.活動期間および勤務時間
2017年6月上旬~7月21日(金)
・サマーセッションの準備期間中は留学センタースタッフとの打合せやオリエンテーション準備などが主な業務となり、昼休みなどを利用しての週1、2時間程度の勤務となります。
・プログラム実施期間中は同打ち合わせの他、授業(2時限連続、週2回)サポートの業務が開始となるため、週10時間程度の勤務となります。サポートを担当する授業については、ご自身の授業時間割なども勘案し、決定します。
※Summer Sessionの実施期間は6月23日(金)~7月21日(金)

4.待遇
時給1,100円
※交通費は支給しない。但し、空港出迎え、フィールドトリップの際は交通費を支給。

5.応募要件
以下の要件をすべて満たす者
・2017年4月1日現在、早稲田大学に在学中の正規生であり、学部3年生以上、大学院生
・英語(TOEFL iBT 79点が目安)および日本語に堪能であること
・6月上旬から6月下旬にかけて週1,2回程度のミーティングに参加可能なこと
・以下の行事に必ず協力ができる方
(1) 6月23日(金)成田空港出迎えおよび宿舎先への送迎
(2) 6月24日(土)オリエンテーション
(3) 7月7日(金)-8日(土)日光フィールドトリップ(1泊2日)
(4) 7月20日(木)ラップアップセッション、フェアウェルパーティー
(5) サマーセッションの実施期間中、留学センターが指定する所定の授業時間
(授業時間割を配慮します)
※サマーセッションの科目を履修する方は応募することはできません。
※雇用期間中、学内で他のTA業務に従事している方は応募できません。

6.求められる人物像
各国からの留学生のサポートをしてもらうことになるため、コミュニケーション能力や積極性などが必要です。また、引率やイベントの実施という部分では責任感やリーダーシップ、チャレンジ精神などが求められます。他のSIの方や留学センタースタッフと連携して行う業務も多いため、協調性のある方を期待します。
なお、ご自身の時間割を考慮して勤務シフトを組んでいきますが、1か月のインテンシブコースのため、基本的には一人の教員に一人のTAが付く形になります。「この日だけ別のTAに代わってもらう」などが難しいため、この期間はサマーセッションの授業サポートを優先できる方が望ましいです。

7.募集人員
15名程度

8.就業場所
原則として早稲田キャンパス。フィールドトリップや空港送迎により都内、日光、成田空港も含む

9.申込方法および締切
履歴書および自己PR書を作成、印刷の上、留学センター(22号館4階9:00~17:00 ※土日除く)窓口へ提出
※応募書類は返却しません。

10.選考スケジュール
書類受付期間:4月10日(月)~14日(金)9:00~17:00
面接実施期間:4月20日(木)または21日(金) ※
採用者発表 :4月26日(水)早稲田メール宛てに採用、不採用ともに通知
5月15日~19日の週に第一回目のキックオフミーティングを実施予定です。
※海外に滞在している場合はSkypeでの面談も応相談。

11.お問い合わせ
留学センター wss-cie@list.waseda.jp

以上

—————————————————————————–
【参考】Waseda Summer Session 2016 Student Internからのメッセージ・体験談

創造理工学部4年 TSさん
SIとして多様な国からの留学生と接した経験は、この夏で最も刺激的なものとなりました。中でも印象的だったのは、留学生たちの引率です。空港から寮まで、寮から大学まで、さらにはフィールドドリップで日光まで、日本に不慣れな留学生たちを引率しました。自分にとっては何の変哲もない風景でも、留学生にとっては不思議なことばかりだったようで、なんでも質問されました。答えられない質問も多くありましたが、自分にとっても興味深く、また最後には引率を感謝してもらえ、大変ではありましたが楽しい時間を過ごせました。

アジア太平洋研究科2年 MMさん
様々な国から来た学生と交流し、海外の大学や彼らの出身国について学ぶことができただけでなく、彼らが日本をどう感じたのかまで知ることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。私がTAをしていた経済学2では、参加者同士でグループを組み、銀座など東京の様々な場所でフィールドワークを行うことが多々ありました。その観察結果の発表は、普段当たり前だと感じていた東京の光景が、海外の学生にはどう映ったのかを知る貴重な機会で、大変勉強になりました。

商学部4年 MNさん
政治クラスのTA業務では、ディスカッションに参加したり、国会議事堂見学で留学生を引率したりする機会がありました。積極的に学ぶ留学生の姿勢が印象的でした。毎日留学生と交流していたため、早稲田にいながら留学しているような日々を過ごしました。
SIを経験して、単に言われたことをこなすのではなく、相手のためにプラスアルファで何をすべきかを考え、実行する力が身につきました。様々な企画を練るため、SI同士の絆も深まります。大学中に何か一つ取り組んでみたいと思っている方、チームで企画するという経験をしたい方はぜひ応募してみてください。

国際教養学部4年 TSさん
SIとして参加して特に印象に残っていることは、TA業務です。私は、ビジネスの講義を担当し、教授のサポートやフィールドトリップの引率などを行いました。留学生たちが、日本独特のビジネススタイルにどういう反応を示すかを知ることができ、非常に興味深かったです。また講義を聞いて、私も日本について理解を深められました。その他にも、SIとして、日光での一泊旅行の引率を行ったり、大学や東京について紹介したりと、サマーセッション期間中は盛りだくさんでした。この期間中は忙しくなりましたが、かけがえのない経験となりました。留学中に現地の学生に助けてもらった経験を生かして、留学生のサポートをしたい人にぜひ参加してもらいたいです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cie/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる