Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

その他

池橋 民雄 准教授 (いけはし たみお)

自己紹介

  • 博士(理学) (東京大学)
  • センサからアクチュエータまで、様々な分野に応用されているMEMSの研究を一緒にやりませんか?趣味はジョギングとロードバイクとドライブです。
  • 早稲田大学研究者データベース
  • Email : t.ikehashi(at)waseda.jp
    *(at)は@に置き換え

研究テーマ・領域

マイクロ電気機械システム

ミクロンサイズの機械部品をセンサなどに応用するMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)の研究を行っています。これまでに加速度センサや圧力センサなど、様々なMEMS製品が実用化されていますが、小型で低価格のセンサを大量に使用するIoTの時代に入り、MEMSの重要性はますます高まっていくと考えています。

当研究室では様々なアプローチでMEMSデバイスの研究に取り組んでいます。例えば、まだMEMSで実現できていない新しいセンサを作ったり、信号処理技術を活用してMEMSセンサの精度を上げる研究を行っています。市販のMEMSセンサを用いてIoTシステムに応用する研究も行っています。また、高Q値の共振器が作りやすいといったMEMSのメカニカルな特徴を活かして、集積回路の性能を向上させる研究も行っています。

  • MEMSセンサ(モード局在化センサ、振動計、ジャイロ、フローセンサ)
  • MEMS応用システム
  • MEMS-回路融合デバイス

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる