Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

About the School

研究科について

Feature & Curriculum

特徴・カリキュラム

IPSの3分野

3fields情報生産システム分野は、「情報アーキテクチャ」「生産システム」「集積システム」の3つの分野から構成されています。トータルな視点から、これらの3分野をとらえ、最先端の情報技術とLSI技術を、生産システムとその管理にも活用できる高度な専門知識が学べます。

マネジメントとテクノロジーの融合

社会人にとっても魅力的な技術・経営の側面からの最先端の知識を取り入れた講義を用意しています。さまざまな履修パターン、修了パターンを選ぶことができ、大局観をもち技術にも明るい専門家の育成を目指します。

IPSの構成

IPSではそれぞれの分野の枠を越えて、相互につながり合う研究領域をハード・ソフト両面にわたって広く学ぶことができます。

多彩な情報技術で未来をデザインする

  • 情報・通信モデル
  • 計算知能
  • 言語・メディア情報
  • 社会/経営情報
  • ロボティクス・メカトロニクス
  • 光ファイバシステム

ITを駆使した次世代の生産システム

  • 機械設計・ロボット
  • センサ・先進材料・応用計測
  • システム制御・プロセス制御・エネルギー
  • プロセス運用監視・設備保全管理
  • 経営・生産情報システム

社会を変える、世界を変える – LSIの技術で変える

  • マルチメディア情報・画像処理
  • モバイル通信
  • アナログ・高周波回路
  • 大規模/高速/低電力LSI
  • LSI自動設計
  • LSI検証・テスト

カリキュラムとコース概要(2017年度)

開かれた大学院として、確かなキャリアアップを支援します。

method 2016

特徴的なカリキュラム

修士課程には、研究室に所属する時期と期間によって次のa、b、cの3種のコースを設けています。学生は、先端の研究をすることを主たる目標とする”研究中心型”、新しい専門知識を修得することを主たる目標とする”受講中心型”、”標準型”の何れかを選択することができます。 学生は、条件を満たした段階でコースを選択することができます。また、所定の単位を取得しても希望によりその目的に応じたコースを選択することもできます。

  • Course a – 研究中心型
    半年で所定の単位(18単位)を取得し、教員面接により研究室に所属することが許可された場合、1年半主として修士論文の研究を行います。
  • Course b – 標準型
    1年次は受講・実習を中心に学修します。所定の単位(22単位)を取得し、教員面接により研究室に所属することが許可された場合、2年次からは修士論文の研究を行います。
  • Course c – 受講中心型
    1年半の間受講・実習に専念します。所定単位(26単位)を取得し、教員面接により研究室に所属することが許された場合は、後の半年間は与えられた課題を研究します。

履修例

Course a
期間 1年 2年
科目 春学期 秋学期 春学期 秋学期
講義・実験科目 基礎講義科目(*4以内) 18 *
専門講義科目 2
実験科目
特論(必須) 2
演習(必須) 8
修論(必須, 単位なし) 修論
Course b
期間 1年 2年
科目 春学期 秋学期 春学期 秋学期
講義・実験科目 基礎講義科目(*6以内) 22 *
専門講義科目 2
実験科目
特論(必須) 2
演習(必須) 4
修論(必須, 単位なし) 修論
Course c
期間 1年 2年
科目 春学期 秋学期 春学期 秋学期
講義・実験科目 基礎講義科目(*6以内) 26 *
専門講義科目
実験科目
特論(必須) 2
演習(必須) 2
修論(必須, 単位なし) 修論
  1. 基礎講義科目、専門講義科目、実験科目を合せて修得必要な単位数を定めてありますが、基礎講義科目は(以内)に示した単位数より多くを修得しても必要な修得単位数には含めません。
  2. 春学期:4月入学の場合は春学期、9月入学の場合は秋学期、秋学期:4月入学の場合は秋学期、9月入学の場合は春学期となります。

基礎講義科目

春学期2単位
インターフェース概論
システム工学
パワーエレクトロニクス
光工学
データ構造とアルゴリズム
アナログCMOS回路
情報通信ネットワーク
機構学
オペレーションズリサーチ
制御工学
工学実験技術基礎
ソフトウェア工学基礎
スペクトル解析
秋学期2単位
アンテナ・伝播工学
システムLSI概論
コンピュータアーキテクチャ
量子電磁気学
計算知能工学 ★
ロボット工学
エネルギー工学
光ファイバ工学
形式言語・オートマトン理論入門
ディジタル回路
ディジタル信号処理
表面科学
情報システムデザイン論
プログラミング基礎
シミュレーション技術
半導体デバイス工学
ナノテク材料
テクニカル・プレゼンテーション

★連携大学院カーエレクトロニクス/インテリジェントカー・ロボティクスコース科目

専門講義科目

春学期2単位
情報アーキテクチャ分野 生産システム分野 集積システム分野
自然言語処理
ヒューマン・ロボット・インタラクション ★
機械翻訳技術
スケジューリングアルゴリズム
データベース
製造管理特別演習
光通信方式
インテリジェント・システム概論 ★
ヒューマンインターフェース
画像情報処理 ★
ニューラルネットワーク ★
数理モデリング特別演習
自動車工学 ★
バイオエレクトロニクス
材料の微細組織と特性
半導体実装材料・技術
自動車・プラント制御モデリング ★
波動光学
線形システム論 ★
機械動力学
信頼性工学 ★
絶縁材料工学
工学実験技術特別演習
マイクロプロセッサ
半導体メモリ設計
伝送回路
システムLSIアーキテクチャ
省エネルギーLSIシステム
ディジタルLSIアーキテクチャ ★
無線通信方式
光半導体デバイス
信号処理特別演習
システムLSIソフトウェア
電磁界解析特別演習
秋学期2単位
情報アーキテクチャ分野 生産システム分野 集積システム分野
生体工学
プログラミング言語論
バイオインフォマティクス
ビジネスプロセスモデリング
情報組織化論
分散システム
オブジェクト指向設計論
スケジューリング特別演習
光ファイバ応用計測学
パタン認識 ★
情報セキュリティ論
制約処理論
Web情報処理II
インテリジェントカー統合システム ★
バイオマイクロマシン
情報管理
パワーデバイスの製造と信頼性
機械要素設計
応用光学
サプライチェーンマネジメント
パワー半導体デバイス ★
最適制御論 ★
機能材料特別演習
プロセス制御
誘電・絶縁材料特別演習
設備診断技術 ★
高速・高周波LSI設計
新機能メモリ
システムLSI設計
映像信号処理
低消費電力設計技術
ミクストシグナル回路
テスト容易化設計
ディペンダブルLSIシステム
ネットワーク・インターフェース
LSI設計自動化技術
光電子集積回路
通信方式特別演習

★連携大学院カーエレクトロニクス/インテリジェントカー・ロボティクスコース科目

実験科目

秋学期2単位
情報アーキテクチャ分野
生産システム分野
情報アーキテクチャ実験 生産システム実験

特論

秋学期2単位
情報アーキテクチャ分野 生産システム分野 集積システム分野
コミュニティ・コンピューティング特論
データ工学特論
ロボティクス・メカトロニクス特論
生産管理情報システム特論
ネットワークコミュニティ特論
ニューロコンピューティング特論
マルチメディア特論
用例翻訳・言語処理特論
インタラクティブプログラミング特論
先端光ファイバ技術特論
制御情報学特論
先端バイオエレクトロニクス特論
医用光学特論
パワー半導体デバイス特論
機械システム設計特論
先進材料特論
設備診断技術特論
生産情報制御特論
情報生産プロセス特論
システム制御特論
画像情報システム特論
ディペンダブル情報システム特論
最適化技術特論
ASIC自動設計特論
無線通信回路技術特論
高位検証技術特論
光電子集積システム特論
新機能メモリシステム特論
モバイルシステム特論

演習

A(秋学期2単位), B(春学期4単位), C(春学期2単位), D(秋学期2単位)
情報アーキテクチャ分野 生産システム分野 集積システム分野
 生産管理情報システム演習A,B,C,D
ニューロコンピューティング演習A,B,C,D
データベース演習A,B,C,D
イメージメディア演習A,B,C,D
知能化ネットワーク演習A,B,C,D
用例翻訳・言語処理演習A,B,C,D
ロボティクス・メカトロニクス演習A,B,C,D
インタラクティブプログラミング演習A,B,C,D
光ファイバシステム演習A,B,C,D
コミュニティ・コンピューティング演習A,B,C,D
 パワー半導体デバイス演習A,B,C,D
設備診断技術演習A,B,C,D
システム制御演習A,B,C,D
バイオエレクトロニクス演習A,B,C,D
生産情報制御演習A,B,C,D
プロセス制御演習A,B,C,D
医用光学演習A,B,C,D
機械システム設計演習A,B,C,D
生産プロセス工学演習A,B,C,D
先進材料演習A,B,C,D
モバイルシステム演習A,B,C,D
画像情報システム演習A,B,C,D
高位検証技術演習A,B,C,D
ディペンダブル情報システム演習A,B,C,D
光電子集積システム演習A,B,C,D
ASIC自動設計演習A,B,C,D
無線通信回路技術演習A,B,C,D
最適化技術演習A,B,C,D
新機能メモリシステム演習A,B,C,D

講義要項(シラバス)

研究プロジェクト

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる