Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

About the School

研究科について

From President & Dean

総長・研究科長挨拶

世界で輝く理工系大学院へ。世界へ羽ばたく人材を。

大学院情報生産システム研究科長 巽 宏平

早稲田大学の教育・研究活動およびその成果のすべては、より良き世界の構築へ貢献することを最大の目標としています。近年、科学技術においてもダイナミックに国際的な人材の流動化が進む中で、大学における世界レベルでの研究開発、教育の真価が問われています。

情報生産システム研究科(IPS)は、2003年に理工系大学院の一つとして北九州に設立されました。 北九州の地は、100年余り前から素材産業を中心に日本の産業発展の一翼を担ってきましたが、今も脈々と受け継がれているモノづくりの伝統は、今日、自動車、ロボット産業、環境関連のビジネスなどへの広がりを見せています。IPSは設立以来、モノづくりの伝統が息づくこの地域で、高度かつ最新の専門知識を融合した教育による人材育成を目指し、国内のみならず、アジアをはじめとした海外各地から集まった学生と、多彩なバックグラウンドを持つ教員のコラボレーションが刺激に満ちた研究・教育環境を醸成してきました。IPSのキャンパスは、北九州学術研究都市の中に位置しており、共同利用施設、企業と連動した研究開発のシステム等も整備されてきました。早稲田大学設立当初からの教旨の一つである「学理を学理として研究すると共に之を実際に応用するの道を講し以て、時世の進運に資せんことを期す」の下、産業界との連携も深め、実用に供する研究開発に注力しています。

すでに3000名を超える大学院生がIPSで学び、その多くが海外の産業界、研究機関、大学で活躍しています。今後もアジアへ開かれた研究、教育の拠点として、また世界でその存在感を高め、北九州から国際的な視野と教養、知識、そして豊かな創造力をそなえたグローバルリーダー人材を輩出するよう努力を重ねていきます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる