Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

About the School

研究科について

Research Field

研究分野

情報アーキテクチャ分野Information Architecture

メディアから経営工学まで、新たな情報活用をデザインする。

  • 情報通信分野全般をカバーし、特にその応用に重点をおいた教育研究を実施
  • 最先端の理論と産学連携を前提とするアプリケーションおよびネットワークの開発
  • 理工系分野以外からの転入者にも配慮した教育で、幅広いキャリア開発を支援
i_field img 2017

人・モノ・情報から作り出される安全・安心な社会と快適な環境。情報アーキテクチャ分野では、これからのスマート社会を支えるさまざまな情報・システム技術の研究とその応用に取り組んでいます。

研究領域・研究室

  • 情報・通信モデル
  • 計算知能
  • 言語・メディア情報
  • 社会/経営情報
  • ロボティクス・メカトロニクス
  • 光ファイバシステム

実践的教育の重視

情報アーキテクチャ実験(例)

  • IPネットワークの理解
  • ネットワークの設計・構築
  • イントラネット管理
  • Webアプリケーション開発
  • データベース連携システム開発

充実した教育・研究環境

I field testing

情報技術を体感できる「情報アーキテクチャ教育実験室」

生産システム分野Production Systems

21世紀のモノ造りの在り方を、最先端の理論と技術で追求する。

  • 開発から材料、組立・製造、計測、制御、診断、物流、経営までの生産活動に不可欠な領域をカバー
  • 製造業のグローバル化に対応し、アジアや世界で活躍できる研究者・高度技術者を養成
  • 現場に即した実践的な環境で、ソフト・ハード両面から充実した教育・研究を実施

研究領域・研究室

  • 機械設計・ロボット
  • センサ・先進材料・応用計測
  • システム制御・プロセス制御・エネルギー
  • プロセス運用監視・設備保全管理
  • 経営・生産情報システム

実践的な設備環境

生産システム分野の実験室には、産業用ロボット、シーケンス制御、プラントのシミュレータや劣化診断装置、遠隔管理装置など、一般の工場にあるものはほとんど用意されています。

地域産業界との連携

p field ips industry_jpn

集積システム分野Integrated Systems

革新的な集積システムとそのための最先端のテクノロジの創造。

  • 応用集積システムとそのための基礎技術を幅広くカバー
  • 企業との密な連携を有する教授陣による実践的な研究と教育の提供
  • 未来のIT社会を担う共同プロジェクトの研究資金に基づく研究環境の提供

研究領域・研究室

  • マルチメディア情報・画像処理
  • モバイル通信
  • アナログ・高周波回路
  • 光集積回路
  • 大規模/高速/低電力LSI
  • VLSI設計自動化・検証・テスト

教育研究の特色

SoC(System on Chip)の設計と検証/テスト
  • 最先端の設計実習環境
  • 通信、画像処理などの実例対象
システム的な教育を実施
  • ハードウェアとソフトウェアの両面
  • アルゴリズムやソフトウェアの基礎から応用
SoCハードウェア設計教育
  • FPGAデバイスによる試作
  • 教育を通じて実チップの設計/評価

外部機関や団体との連携

  • 電機、通信、半導体、自動車関連の産業界や研究機関との共同研究を広く実施
  • 国内外のトップクラス大学との研究交流
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる