Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

その他

硴塚 孝明 准教授 (かきつか たかあき)

自己紹介

  • 博士(工学) (九州大学)
  • 「光る」技術を一緒に切り拓いていきましょう。

研究テーマ・領域

発光システム

フォトニクス技術は、光通信・センサー・計測など、多岐に亘る情報通信システム応用を通して情報化社会の進展を支えてきました。情報通信の環境負荷低減、高度情報処理に対する光技術への期待が高まり、データ通信の低消費電力化や光ニューラルネットワーク技術を用いた高性能コンピュータ等が注目されています。本研究室では、情報通信システムの更なる高度化をめざし、半導体レーザ等の光部品からなる発光システムおよび情報処理回路の提案に取り組みます。光回路設計をコア技術とし、様々なデバイスやシステム提案へと展開していきます。

  • 半導体レーザ・発光素子
  • 光回路シミュレーション
  • ナノフォトニクス
  • 光信号処理

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる