Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

その他

三宅 丈雄 准教授 (みやけ たけお)

miyake takeo 2017自己紹介

研究テーマ・領域

生体と馴染むバイオエレクトロニクス

Miyake research imgヒトを始めとする生体素材は柔らかく、かつイオン制御によって、高度な機能を実現しているのに対し、ヒトが作るデバイス素子は固く、そして電子制御により優れた機能を実現しています。我々は、この相反する素材を有機的に統合するための独自技術の開発に向け、以下の課題に取り組んでいます。

  1. ソフト界面:デバイス/生体間
  2. ウェット界面:化学エネルギー変換
  3. イオン制御界面:生体との情報交換

——–

  • バイオエレクトロニクス
  • バイオ発電デバイス
  • ウェアラブルデバイス
  • 体内埋め込みデバイス

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる