Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

その他

ルパージュ・イヴ 教授

 自己紹介

08博士(工学)(グルノーブル大学)

言語処理についての新しい考え方・手法・課題をスムーズな雰囲気で意見交換しましょう。

早稲田大学研究者データベース
email_i lepage

研究テーマ

用例翻訳・言語処理

情報爆発という現象はウェッブの存在によって生まれた。特に世界の言語で書かれたテキストの数は劇的に増えて行く。企業には新しい市場に入るために、国際化と地域化の必要がある。検索エンジンや調査機構に、またインターネットの使用者(e-citizen)には違う言語で書かれた情報の取得が必要となる。自然言語処理の分野では知識手法・統計手法・用例手法が見られる。用例手法が同時に低い適用コスト(統計手法の利点)と言語生産能力を考慮すること(知識手法の利点)を目指す。本研究では用例手法の形式化を提案し(例えば類推関係)、色々な自然言語処理課題に適用する(例えば多言語辞書自動生成、言い換え、自動翻訳など)。

研究分野
  • 機械翻訳
  • 自然言語処理
  • 用例知識取得
  • 相違と類似・類推関係
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる