Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

大貝研究室

大貝研究室へようこそ!

博士課程後期2年  王  一塵

大貝研究室の主な研究分野は、自動運転システムです。
自動運転には、主に車両制御システム、経路計画システム、障害物回避システム、自己位置特定システム、通信システムなどの複数のサブシステムが含まれます。また、コンピュータービジョンやセンサーフュージョンなどの複数のテクノロジーも含まれます。言及されているすべての側面は、大貝研究室の研究トピックです。自動運転システムに加えて、大貝研究室の研究トピックには、配送ロボット、スマートハウス、ブロックチェーン、エンジンも含まれます。

大貝研究室のゼミは週2回開催されます。
1つは、研究の進捗状況についてであり、学生は自分の研究を報告します。もう1つのゼミは、論文紹介が中心です。興味深く洞察に満ちた論文を紹介し、最新の知識と情報を共有します。各ゼミ会議で報告される学生の数は、一般的に4人です。大貝研究室のメンバーの研究テーマは相互に関連し、相互に影響し合うため、全員が参加します。発表後は、質問をしたり、意見を述べたりします。ゼミに加えて大貝教授は毎日定期的にズームをオンにして、国内または海外に滞在している学生に質問、研究についての議論を提供しています。

大貝研究室はIPS大学院の生産分野に属しており、その研究内容は自動運転システムに限定されていません。
研究室はまた、多くの企業との協力プロジェクトを持っており、学生がより良い研究をすることができます。自動運転車に加えて、研究室には自動車椅子、自動配送ロボット、スマートハウスなどのプロジェクトもあります。学生が実際のアプリケーションに独自の研究を行うことを可能に。これは学生自身の研究に大いに役立ち、また研究をフォローするためのより多くの動機を与えてくれます。

さらに、COVID-19の前に、ラボはバーベキュー、カラオケ、その他の放課後の活動も行いました。COVID-19後も年末年始にオンライン忘年会を開催しました。

自動運転に興味がある場合、または自動運転を実現する方法を知りたい場合- 大貝研究室へようこそ!

 

大貝先生から研究室のメンバーに自動運転車システムを紹介しています

 

ゼミZOOM

 

修了生たち

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる