Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

岩井原研究室

岩井原研究室での研究と生活

修士課程2年 周 大文

岩井原研究室の現在の研究分野は、知識ベースから自然言語処理まで多岐にわたり、ディープラーニングに重点を置いています。データ工学研究室の研究分野は、データマイニングから自然言語処理まで、さまざまなタスクがあり、現在、計算科学分野で最も注目されている領域です。これらの分野に精通していなくても、心配しないでください。興味深いテーマを探し、必要な基礎知識を得るのに十分な期間があります。自分にアピールするテーマを選ぶことができ、研究の進歩を支援してくれる心温まる先輩がいます。
岩井原研究室の典型的な研究テーマは次のとおりです。

  • ドキュメント分類、ドキュメント要約、キーフレーズ抽出
  • 知識グラフ、リンク予測、エンティティ関係の抽出
  • 感情分析、著者の推定、推奨
  • 時系列分析、ウィキペディアでの編集履歴のマイニング

もちろん、研究範囲は常に拡大しています。ここでは良好な設備条件下で、あなたの興味を高め、共有することにより、あなたの学問的目標を達成することが奨励されています。

岩井原教授は、連携と相互理解を深めるために、毎週あなたとコミュニケーションを取り、研究や日常生活の問題に対処できるようにしたいと考えています。
特に教授は、経験に基づいて正確なアイデアと助言を与えてくれます。また教授は親切で親しみやすく、ラボ旅行、ビーチバーベキュー、年末パーティーの3つの研究室活動を開催しています。
私たちの研究室には好ましい雰囲気が日々あります。学業の進歩や成果を上げるだけでなく、日常生活の温かさやチーム力を感じることができ、データ工学に興味のある方には最適な場所です。

岩井原研究室へようこそ!

年末パーティー

オンラインゼミ

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる