Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

池橋研究室

こんにちは、池橋研究室です

修士課程2年 Xizong Tian

池橋研究室ではMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)の研究を行っています。この名が示すとおり、MEMSとは微細加工技術によって可能となった電子工学と機械工学の融合システムです。代表的なMEMSデバイスには、スマートフォンに搭載されている加速度センサ、ジャイロ、圧力センサなどがあります。池橋研究室では次世代のMEMSを設計と応用の両面から研究しています。

当研究室で行われている研究テーマには以下があります:
・超微小剛性バネを有するモード局在化傾斜センサ
・電気的に可変可能なバネとフォースバランス機構を採用した小型・超低共振周波数のMEMS地震計
・高Q値のMEMS共振器を利用した低電力電圧生成システム
・家庭内の新型コロナウイルス患者隔離用の陰圧監視システム

池橋研究室では毎週2種類のミーティングを行っています。一つ目はラボミーティングです。このミーティングでは、池橋先生から連絡事項や研究情報が伝えられます。このミーティングの後半では、研究室のメンバーの一人がほかの全メンバーに研究内容を発表します。このスタイルの発表では、参加者全員の知識を考慮し、基礎や背景を含めたよりわかりやすい説明が必要になります。このミーティングはメンバー間のコミュニケーションを促進し、プレゼンテーション技能を磨く良い機会になっています。二つ目は研究室ゼミです。これはより柔軟なもので、先生と一対一で議論が行われます。このゼミではプロジェクトの進捗と課題の報告に重点を置いています。池橋先生が参加されるこのゼミにより、私たちは特定の目標を遂行するための研究を効率よく進めることができます。

池橋研究室は2019年に設立された比較的新しい研究室です。池橋先生はMEMSの研究開発において豊かな経験をお持ちの親切な指導者であり、私たちは皆良い関係を築いています。現在私たちのグループには2年生が4人、1年生が6人在籍しています。温かく、笑いと議論の絶えない研究室で過ごした期間は、とても楽しく忘れられない経験となっています。週末はいつも研究室のメンバーで海岸や公園に出かけ、ハイキングやサイクリングをしています。私たちは池橋研究室で、学ぶだけでなく、また、自分の研究に取り組むだけでもなく、人生という旅を共有し、たくさんの思い出を作っています。

MEMSやセンサに関心をお持ちの方は、ぜひこの旅にご参加ください。

歓迎会

みんなとハイキング

沿岸ツアー

 

 

 

 

 

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる