Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

田中(英)研究室

田中(英)研究室の紹介

修士課程2年 伊藤 開

機械システム設計研究室では,人々のQOL(生活の質)向上を目的として「安全,快適,便利で長持ち」をキーワードに,機械の解析・診断技術およびライフサポート機器に関する研究を行っています.現在本研究室には,日本人1,外国人14,計15人の学生が在籍しており,各々が機械,電子,情報などの様々な専門知識,技術や考え方を持っています.そのため,私たちは互いに協力し合い,設計製作,プログラミング,制御,解析,計測実験,信号処理など,システム研究開発の全過程を幅広く学ぶことができます.

毎週行うゼミでは,研究の進捗状況を発表し,田中教授からご指導頂いたり,学生同士でも活発な意見交換を行ったりします.ゼミは英語で行われ,誰が見ても理解できるような発表資料と説明が重要となるため,ゼミを通して英語力だけでなく高いプレゼンテーションスキルやコミュニケーションスキルを養うことができます.また,研究テーマによっては,産学連携により研究成果を製品として世の中に出すことができます.企業との打ち合わせに学生も参加し,製品の方向性や仕様決定に関わることができるため,企業目線の研究開発も経験することができます.これらの経験は,実学重視の北九州キャンパスならではの利点だと思います.

例年は,新歓や忘年会,発表打ち上げを行い,仲間意識を高め和気藹々と過ごしています.ぜひ一緒に世の中に役立つようなものづくりをしましょう,待ってます!!

全員写真

歩行・上肢作業研究

持ち上げ・起立・歯車研究

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる