Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

大澤研究室

新機能メモリシステム

博士後期課程1年 Haoyan LIU

大澤研究室は新機能メモリー (STT-MRAM、PCRAM、ReRAMなど)に関する研究を行っており、大きく分けるとセルアレー回路・制御回路設計、コンピューティング・イン・メモリー設計、デバイスモデル開発、の三つの課題を研究しています。何人かの学生は新機能メモリーセルの設計、読み出し・書き込みモードとその制御回路の研究を実施していますが、他の学生は、ニューラルネットワーク用のハードウェアアクセラレータを非ノイマン型の一つであるコンピューティング・イン・メモリーの設計思想に基づき研究しています。さらに、新機能メモリーデバイスのコンパクト・モデルの研究も一部の学生によって行われています。これは前記二種類の研究を推進するためのEDAツールにとっても必須の研究です。

我々は週一度のセミナーの時に発表者の学生や教授の意見を聞くと共に質問をして理解を深めます。セミナーの後、問題解決及び研究の正しい方向性を見つけるため、大澤教授が発表された学生と一対一で議論します。研究活動以外に、私たちは食事会、スポーツ、ウェルカムパーティを行います。これらの活動は、教授によって主催されますが、学生自ら計画することもあり、これによって我々の研究室の良い雰囲気が形成されていると思います。新しいメモリーやそれらを使ったコンピューティング・イン・メモリーに興味があるなら、是非私たちの研究室を訪問してみてください。

 

学会にて

歓迎会にて

修了生と共に

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる