Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

古月研究室

古月研究室の紹介

博士後期課程1年 Xiao Fu

データの潜在価値を探ることは基本的な問題であり、過去数年間で実質的に発展していました。古月研究室は機械学習、特に深層学習による分析、設計、応用を取り組んでいます。研究室のみんなは主にリレーション・ネットワーク、強化学習、カーネルマシン、半教師あり学習、AI作曲、バイオインフォマティクス、オブジェクト検出、グループ感情認識に専念しています。研究室に複数のGPUサーバーとCPUサーバーで構成するコンピューター・クラスターが配備されており、ディープラーニング及びビッグデータ分析のような高い計算力のタスクを行うことができます。下記の通り、当研究室の課題具体例を五つ挙げます。

1. マルチ・ストリームCNNによるグループ・エモーション認識

2. 強化学習と推薦システムのためのニューラル関係推論システムの構築

3. 深層CNN用いた遺伝子アノテーションのための階層型マルチラベル分類器の構築

4. 準線形カーネル学習法を用いた半教師あり学習分類器の構築

5. カラオケ・ミュージックの主調を作るAI作曲システムの構築

現在、当研究室にはJSPS研究員1名、博士後期課程学生9名、修士課程学生22名がいます。古月教授は全ての学生の独立思考能力、問題解決能力、革新的精神の養いを重視しています。週一回のセミナーが定期的な研究イベントとして水曜日の午後に行われ、学生たちは研究進展状況と論文読みを発表します。また、木曜日の午後には、古月教授による1対1のメンタリングが用意され、各学生により具体的なガイダンスが提供されます。

学術雰囲気は別として、研究室は常に家族のような雰囲気に満ちています。新入生歓迎会と卒業生送別会が毎年行われ、古月教授の誕生日を祝うことは研究室の素晴らしい伝統です。

古月研究室は、機械学習、特にディープラーニングに興味がある人にとって良い場です。ぜひ私たちの研究室へ入りませんか。

バーベキューパーティー

研究室の様子

卒業生

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる